豚の独り言

このサイトは、鬱病と闘う一匹の豚が日々感じたことや思ったことを無作為に書き綴っていきます。 極々限られた方にのみ公開しています。

体にも異変が……。

体にも異変が……。

特にここ数日になって、普通に歩くことが辛くなってきました。京阪京橋駅とJR京橋駅との間を歩くだけで、息はゼイゼイ、心臓はバクバク、腰痛が酷くてダラダラ汗をかきながら体を引きずっていました。クリニックと寝屋川市駅間でも同じです。別に走るわけでも早歩きをするわけでもありません。ただ普通に歩くのが辛いんです。

おまけに左膝関節と右足底部の痛みが酷くて、普通に立ち座りするのでさえしんどくて辛いです。
これは多分、体重が未だかつて無いくらいに増加しているんだろうと、容易に想像できます。普段は食事制限をしているのに、何故増加し続けるのか……。多分、外出時にはリミッターが外れて馬鹿食いしているのと、毎日飲むビールが悪さをしているのでは無いかと思います。試しに今日から自宅での飲酒をやめてみることにしました。次回の通院日迄やめてみて、少しでも歩くのが楽になっているかを調べます。経済的にもかなりの節約になりますし……。怖くて計測していませんが、多分豚の今の体重は130Kgを軽く超えているのでは無いかと思います。何とか年内に以前と同じ水準、110Kg台にまで落としたいと思っています。

このままでは、自転車をこぐのも苦痛になってしまいます(既にしんどくなってきています。)。動けなくなったら最後ですから、何とか減量して腰と膝、足への負担を少なくして行きます。
一昨年亡くなられた内科の先生が生きておられたら、今頃は100Kgを切っている所なのに……。80歳を超えた先生でしたが、厳しい方で、指導されたことは絶対に守らねば……と自ずから思ってしまう先生でした。「炭水化物は一切摂取不許可。摂取カロリーは一日1500Kcalまで。タンパク質と野菜を沢山摂ること!」と言われ、数ヶ月間実行していたら、体重は108Kgにまでみるみる落ちていきました。
亡くなった先生のことを、「たら……れば……」で語っても仕方が無いので、豚自身が気持ちを律して、真剣に痩せようと思います。幸いあと2ヶ月は、食欲抑制剤の処方もしていただけるので、これを機会に頑張ります。

でも、通院時のCoCo壱番屋のカレーは食べたいなぁ……ボソッ。

午後5時53分

 

wpmaster