豚の独り言

このサイトは、鬱病と闘う一匹の豚が日々感じたことや思ったことを無作為に書き綴っていきます。 極々限られた方にのみ公開しています。

やりたいことなら、いっぱい 夢見ることなら、めいっぱい

やりたいことなら、いっぱい 夢見ることなら、めいっぱい

「某まるこちゃん」の歌の一部をパクった様なタイトルですが、折角最新のMacBook Proを買ったんだから、Macらしい事にも手を出してみようと思ったりしています。例えばMacが活躍する場面としてはデザイン関係ですが、その中でも辛うじて開発に関係のあるWebデザインなんかを少しだけ囓ってみようと思っています。
と言っても本格的にCSSとかJavaScriptとかRubyとかを勉強するわけでは無くて、今のhttps://porco.jpのトップページくらいはブログソフトに依存するのでは無くて、昔のように自分で作ってみようと思ったりしているわけです。
Web関係の知識は皆無ですが、折角それに適したハードを持っているのに触りもしないのは非常に勿体ないことです。アセンブラもやりたいし、C言語でコードも書きたい。勿論ライフワークのドラクエ移植プロジェクトも続けていきたい。正にやりたいことはいっぱい有るんです。ただ、鬱の波に邪魔されて手が付けられない、或いは始めても尻切れ蜻蛉で終わってしまう。夢見ることなら、めいっぱいなんです。でも、夢見るだけでは実現しない……。

何故こんなことを言い始めたかというと、今日の夕刊に「はじめて障害者対象の国家公務員試験が実施される」と言う記事を読んだからなんです。記事を読むと昭和38年以降に生まれた方が対象と書かれているのですが、どうも内容が「身体障害者」に限られている様なんです。所謂「身体障害者手帳」の取得者で、「療育手帳」や「精神障害者手帳」の人は対象から外れているような書き方でした。今回は国家公務員と言うことで省庁で働く人を募集と言うことなので、確かに精神障害者では都合が悪いと言う事は分かります。いや、はっきりと明記されていないので、精神障害や療育手帳取得者も対象なのかも知れません。学力試験は高校卒業程度で、2次試験は作文。肢体不自由者の為にパソコンでの解答や視覚障害者のために点字での出題もあり。情報はこれだけですが、どう考えても少なくとも精神障害者は眼中に無いことはわかります。

やっぱり豚のような者は、スキルや資格を持っていないと、誰にも見向きもしてもらえないと言う事。この歳になるまで豚はサボってきたので、辛うじてパソコンが触れるという位のスキルしか無い。それならば色々とやってみて、「全く知らない」から「少しなら知ってる」と言える様になった方が良いと思っています。外注、データ入力、スクリプト書き、何でも良いので雑用でもこなせるようになっておきたいと思っています。シェアウェアを作って生活するので無ければ、この歳でプログラマなんか到底無理!と言う事は嫌と言うほど分かっています。
「広く浅く」しかし何か一つは「広く深く」知っているという事が大事だと思います。だから豚は興味の対象はバラバラで、何にでも手を出すけど全て尻切れ蜻蛉。それでも良いと思っています。コンピュータに関する話が出たときに「それ知ってる」と言える事が大事だと思っていますから……。

独りよがりの思い込みですが、所詮は孤高の豚ですから。

午後9時31分

 

wpmaster