豚の独り言

このサイトは、鬱病と闘う一匹の豚が日々感じたことや思ったことを無作為に書き綴っていきます。 極々限られた方にのみ公開しています。

結局……、

結局……、

 ニンテンドースイッチで「レイトン ミステリージャーニー カトリーエイルと大富豪の陰謀」をプレイすると言いながら、PS4でドラクエⅪを再プレイしてしまっている豚です。
 推理による謎解きだけなら楽しそうなのですが、パズルなどがあるとどうも苦手で途中で放り出すのが目に見えているんです。豚はクロスワードパズルは得意で、パズルを自動生成するプログラムも書いたことがありますが、所謂倉庫番的なパズルは大の苦手で、時間制限なんて有るともうそこで止めてしまう性分なんです。ニンテンドーDSや3DSで「レイトン教授」シリーズは全て持っているのですが、未だ1作品もプレイしていないという状態です。食わず嫌いなんだとは思うのですが……。これだけシリーズが続いていると言う事は、相当人気シリーズなんだと思うし、遊んでみれば楽しいのかも知れません。ちなみにスイッチ用のソフトはこれしか持っていません。ゼルダも購入したのですが、パッケージだけ有って、中身のソフトは行方不明です。まだ1度もプレイしたことが無いまま、紛失してしまいました。おいそれと新作ゲームを買うだけのお金も有りませんし、ドラクエⅪSが出たら多分買ってしまうと思うので、今はそれに備えてお金を貯めておかないといけません。
 しかしパズルゲームの大嫌いな豚ですが、「ぷよぷよ」だけは何故か大好きです。手軽に遊べるしいつでも止められるし、気負いせずに遊べるので大好きです。勿論ドヘタなので、連鎖なんかは殆ど出来ませんが……。そう言えば教え子の中に、最後の一つで全消しすると言う神業を難なくやってのける子がいました。その子は今、SNKと言うゲーム会社でプログラマとして頑張っているはずです。入学時にはプログラムの”プ”の字も知らなかったのに、教えることは全て自分の物にして、2年目の夏にはファミコン版ドラクエもどきのゲームを作るまでになっていました。アセンブラもC言語も難なくこなし、入社試験のアセンブラでプログラムを書かされたときもパーフェクトでパスしたそうです。まぁZ80アセンブラで、豚でも書けるような簡単なプログラムではありましたが、僅か一年半で自分の物にするとは、天才の二文字が当てはまる子でした。入社前研修で「アセンブラでマインスイーパーを作れ」と言う課題に、頭を悩ませていたところまでは知っています。その後豚は学校を退職したので、その子がどうなったのかはわかりません。ストリートファイターや餓狼伝説などの格ゲーも、異様に強かったなぁ。天才は何をやらしてもそつなくこなすんですね。

 そんな天賦の才能の無い豚がパズルゲームに挑むには、物凄い覚悟が必要です。所詮ゲーム、されどゲーム。投げ出したらまたトラウマが一つ増えるので、今の精神状態ではきついです。でも遊ばなきゃ勿体ない。いきなりスイッチの最新作をやらずに、DSのレイトン教授シリーズから始めようかな……。

 パズルを解き明かす才能は、アルゴリズムを理解する才能に直結します。また、独自のロジックを作り出す才能にもなります。その意味でパズルゲームはプログラムを書く上で、無駄にはならない頭の体操になります。そこまでわかっていて、それでもパズルが大嫌いな豚も、相当厄介な頭の持ち主ですね……。

 午後7時41分

wpmaster