豚の独り言

このサイトは、鬱病と闘う一匹の豚が日々感じたことや思ったことを無作為に書き綴っていきます。 極々限られた方にのみ公開しています。

いよいよPythonを……。

いよいよPythonを……。

 高校生の必修プログラミング言語がPythonにきまったそうですね。(未確認情報です。)
 そうなれば、一応元コンピュータ学校の教員であり、元プログラマの豚としては、一応一通りはさわっておかないといけません。AI向けの言語として名高いこのプログラミング言語ですが、個人的にはC#を必修言語にして欲しかったなぁと思ったりしています。C#はMicrosoftが開発した言語で、今まではMacでは弄れなかったけど、最近になって無料のVisualStudio for Macが公開されて、Macでも思う存分弄れるようになりましたし。豚もMacでの開発言語をC#をメインにしようと思っていますから。(まぁ、これには事情があって、手持ちのMacBook Proで走るOSが1世代古い物しか駄目で、従来のObjective-Cとかインストール出来なくなってしまったので。Mac Miniではインストール出来るけど、CPUがあれなのでiOSのエミュモードが実用的でないと言うか……。)

 豚は長年IT関連の情報に触れながら、Pythonに関しては全く情報を知りません。スクリプト言語だという事だけは、最近知りました。書籍も3冊くらいしか持って居らず、そのどれも読んでいません。高校で必修になると言うことは、当然生徒向けのわかりやすい参考書が発売されるんでしょうし、大学入試の科目にも参入されるんでしょうね。最早CやC++の知識などは必要ないと言うことでしょうか。
 豚的にはCやC++の知識は、持っていて当たり前の知識で、その上にC#やPythonやRubyやその他色々な言語・スクリプトを学ぶべきだと思っています。本当はアセンブラを最初に徹底的に勉強すべきだと思いますが、流石に採用はされないでしょうから。
 CならPCをアセンブラと同程度まで弄ることが出来るので、メモリやCPUの概念を知らなければ使いこなす事は出来ません。その基礎を十分に知らないのに、人命すら左右することになるかも知れない人工知能用言語の勉強をして、その生徒たちが開発した乗り物に乗ったりしたくはありませんからね。勿論簡単な仕組みは教えるんでしょうけど、数値が1bit違うだけで大惨事を巻き起こしかねないと言うシビアさを身をもって経験せずに、スクラッチやPython等の楽にアプリが開発できる言語を習得させるのは、大きな間違いを生む一歩だと思うのですが、これは豚の勘違いでしょうか?

 でもこれで豚が勉強しなければならない言語は決まりました。C#とPythonです。C#を学ぶ前に、OOPの原理をしっかり学ぶためにC++を勉強します。プログラミング言語の勉強は「ドラクエもどき移植プロジェクト」とは別にやりますので、今後学校での必修言語が変わっても、豚のライフワークには支障ありません。あくまでもC++で書く事に拘ります。(但し、DXライブラリが他言語対応となったときは、話は別です。)

 それにしてもPythonかぁ……。今からでも覆らないかなぁ~。まぁ未確認情報だし、ガセネタであることを望みましょう。

 午後1時27分

wpmaster