リバウンド。

 ここ数日、特に腰が痛いと思ったら、体重が130kgに戻っていました。136kgから始めたダイエットは、一時118kgにまで減ったものの、ここ一週間程で約10kg程リバウンドした計算になります。

 原因として一番怪しいのは「ペヤング超超超大盛り焼きそば」です。2100kcal以上あるこのカップ麺を、一週間で3個も食べてしまいました。
 次に怪しいのは炭酸水。これは0kcalなので直接的には太りませんが、体の代謝が落ちているので水分を上手く排出できず、体内にため込んだ状態になっていると考えられます。亡くなった元主治医からは「最低2リットルの水分を摂取する事」と言われていましたが、豚は毎日炭酸水を5リットル以上は摂取しています。そして、この一週間は利尿作用のある緑茶をやめて、麦茶に切り替えていましたので、水分の排出が上手くいかずにため込んでしまっているのだと思います。

  対策として今日から炭酸水は3リットル以下に減らし、利尿作用のある飲み物を飲みます。そしてカップ麺は封印して、食事の支度が面倒なときにもカップ麺に頼らない様にします。

 以上の対策をして、一週間様子を見てみようと思います。

 午前6時55分

限界か……?

 PC-9821でBorland C++3.1を使ってC++の問題集を解いていましたが、コンパイラ自体が1992年の物なので言語仕様が古く、解答の通りに入力してもコンパイルが通らないと言う事が頻発しています。
 念のためソースをフロッピーディスク経由でリビングPCに移して、最新のコンパイラでコンパイルすると正常に通ります。多分、フリーで公開されているBorland C++5.5位なら、namespaceの問題もTemplateの二重定義も問題なく通るのではないかと思いますが、PC-98のMS=DOS版の最新コンパイラはBorland C++3.2だったと思うので、DOS環境で最新のC++を勉強するのは厳しいかも知れません。
 やっぱりPC-98ではC言語の復習とアセンブラの復習に止めておいた方が良いのかな……。

 豚の勉強も、C++からいきなり入るのでは無くて、C言語で綺麗なコードを書ける様に方向転換するべきではないかと思う様になりました。C言語は今日復習した「再帰」以外はほぼ完璧に使いこなせる自信はありますが、綺麗なコードが書けるかと言われれば全く自信がありません。プログラマ時代の末期に、上司から「ようこれで動いてたな……。」と言わせてしまうほどの複雑怪奇なコードを書いてしまうので、PC-98ではアルゴリズムの勉強を中心にしながら理想的なコードを書く練習、Windows環境では今更ながらプログラマ時代のトラウマであるMFCを使ったWindowsアプリを書く勉強をやっていこうと思います。MFCはプログラマを辞めてから全く使ったことが無いクラスライブラリなので、超入門書を一冊読み込んで触りだけでもマスターしたいと思います。
 アルゴリズムと綺麗なコードを書く練習は、今は廃刊となった「C Magazine」のバックナンバーを創刊号から順を追って読みながら、掲載されているコードを読むことで身につけていこうと思います。100冊以上あるので中々骨の折れる作業になりますが、人の書いたコードを沢山読めるので良い方法かなと思います。

 先日ブックオフに注文していた書籍が、たった今届きました。プログラマ時代に持っていた書籍ですが、辞めたときに「もう二度とプログラムは書くまい」と思って、当時所属していた大学の図書館に寄贈してしまった物です。かなり古いバージョンですが、MFCのリファレンスなのですが、電話帳みたいな書籍が6冊組みと言う構成です。今は書籍化されて居らず、MFCはヘルプで参照して使うというのがデフォルトになっていると思います。使い込まれた古本ですが、手元に置いておきたかったので買い直しました。

 本当は早くDXライブラリでドラクエもどきのコーディングに取りかかりたいのですが、基礎から勉強し直して綺麗なコードが書ける様になってから、改めて取りかかりたいと思います。

 取り敢えずKindleでダウンロードしたCマガのバックナンバーから読んでいこうと思います。週に2冊くらい読み終えれば良いかなと言うペースで読んでいこうと思います。

 午後7時51分

今日は何をしようかな?

 取り敢えずの予定としては、「駐車禁止除外指定車」の標章の更新をするために、弟を警察まで連れて行かなければなりません。後は日中はおしめ替え以外は自由時間が取れるので、自分のやりたいことが出来ます。

 ゲームはちょっと飽きてきたので、今日はC++の問題集の続きをやろうかなと思います。丁度豚が苦手な「再帰」の所なので、この際苦手を克服しようと思います。「ポインタ」もそうですが、「再帰」を理解するにもアセンブラの知識が非常に役に立ちます。「スタック」の概念なんか、アセンブラを少しでも囓っていないと中々理解しにくいと思います。

 問題集の解答は、PC-98で行っています。どうしても新しい規格のC++が必要な箇所だけはリビング用PCで解答していますが、基本はPC-98+Borland C++3.1の環境で解答しています。PC-98で解答することに特に意味は無いのですが、折角Borland C++3.1を買ったので、使わないと勿体ないかなと思うからです。開発環境としてはリビングPCの方が数倍使いやすいのですが、まぁノスタルジックな雰囲気を感じられて良いかなと。

 それに引き換え、PC-88は全くと言って良いほど動かしていません。入手した手の頃はウィザードリィで遊んで居たのですが、プログラミングを始めるための詳細な資料が入手出来ないので、ツールも揃っているのに何も出来ないと言うジレンマに襲われています。メモリマップだけは雑誌に掲載されていましたが、資料はそれしか無くて、例えばフロッピーにアクセスさせるためのルーチンとかROMのどこにあるのかが全くわからない状態です。メルカリやヤフオクも探しているのですが、中々PC-88に関する資料は出品されて居らず、有ってもすぐに買われていて気が付いたときには遅かったりしています。コミケなんかでは同人誌でレトロPCの技術情報誌なんかが売られていたりする様ですが、東京まで行くことは不可能ですし、どこかに委託販売か通販でもやっていないか探す方法も知りません。(そもそもサークル名を知りません)
 PC-6001やMZ-700なんかは、比較的ネットに情報が落ちているのですが、PC-88に関しては余り有りませんね……。

 午前6時36分

ゲームで徹夜。

 昨日は久しぶりにゲームで徹夜しました。途中までやって放置していた「閃の軌跡Ⅳ」を思い出して、続きをプレイしていました。何週目かのプレイなのでシナリオも全てわかっていますので、そんなに時間はかからないだろうと思っていましたが、甘かったです。ゲームも4分の3は終わっていたところだったので、3時間くらいでクリア出来るかなと思いプレイを始めましたが、結局12時間以上かかってしまい、終わったのが翌日の昼前でした。

 このゲームはやり込み要素が凄いので、最後までプレイしてもまたすぐに周回プレイをしたくなってしまいます。昨夜からまた難易度を最高にして、周回プレイを始めました。多分また途中で放置する事になると思いますが……。

 午前2時52分

やっと通常に……。

 弟の発熱も何とか治まり、母親の体調も少しずつ戻ってきています。おかげで何とか通常の生活に戻れそうですが、豚の鬱が酷くなっています。

 とにかく何に対してもやる気が出ず、何をする気にもなりません。月曜日には猫のお医者さんが来るのに、掃除も出来ずにパソコンの前でボーッと座って居るか、リビングのソファで横になっていることしか出来ません。
 心の中は不安と焦燥感だけに支配されて、夢も希望も楽しみも全くない状態です。

 今日は弟を入浴させなければならないのですが、それも考えるだけでしんどくて、今から憂鬱です。入浴できるだけ健康になったのだから喜ぶべきなのに、駄目な兄ですね……。

 膝や足の痛みも日に日に酷くなってきています。体重は確実に減ってきているのですが、長年の蓄積のせいで限界が来ているのかも知れません。左腕と腰、それに膝と足首に痛みがある状態です。
 これだけ何もやる気が出ないのだから、食欲も無くなれば良いのに……と思うのですが、食欲亢進の副作用の有る薬のせいなのか、空腹感だけは一人前以上にあります。
 こんな「引き籠もりデブニートの豚」に生きている価値があるのかなと、真剣に考えている今日この頃です。取り敢えず「福」と「さつき」の為に生きていると言う感じです。

 先日から始めたC++の問題集も、何やかんやで結局長続きしない……。

 午後3時54分

VZ Editor落札できず……。

 ヤフオクで3,000円から出品されていたので、まさかこんな古いもの需要は無いだろうと3,500円で入札して放置していました。締め切りの今日の午後10時頃までは確かに誰も入札は無く、安心してベッドに潜り込みましたが、それが悪かった。午前0時丁度に閉めきりだったのですが、今(午前2時)に見ると、3,550円で他の人に落札されていました。

 慌てて他の出品を調べると、プレミアが付いて50,000円とか60,000円とか馬鹿みたいに高い価格での出品しか有りません。メルカリでも過去に3,000円で購入されていた形跡はありますが、現在は出品は無し。PC-98でコードを書き始めていた豚にとっては痛恨の一撃でした。やっぱり欲しいものがあるときには、締め切り時間まできっちり見はっていないと駄目ですね。
 実は5インチ版は原本を持っているのですが、今使っているPC-98は3.5インチなので、そのままでは使えないんです。本来VZは5インチと3.5インチがセットになっているのですが、以前は5インチを使う気満々だったので、メルカリで安く5インチ版のみの物を購入していました。非常に残念です。

 これからまた当分、いつ出品されるかも知れない古のエディタを捜す旅に出ることになりそうです。余り高いのは買えないので、3,000円を目安に探していこうと思います。

 午前2時28分

弟がまた発熱……。

 今朝からまた弟が発熱しました。37.8度なので解熱剤を飲ませるには至っていませんが、夜の初めに掛けてと明け方に熱は上がることが多いので、今心配しています。かかりつけの内科は水曜日の午後は休診なので、明日の午前中にでも連れて行って診察を受けるつもりです。と言っても、言葉が話せないので、先生も取り敢えずのお薬しか出せないのが実情ですが……。

 言葉が話せない、理解できないと言うことがどれだけ大変なことか、本当に身に滲みます。

 午後6時16分

ワンルーム。

 初めはさつき(黒猫)のケージがリビングに置いてあるので、それに合わせて豚もリビングで過ごすことが多くなりました。うちに来たときは生後間もない頃だったので、寂しかろうと思って出来るだけリビングに居る様にしていました。
 しかし今はもうケージから出て、家中好きなところへ行ける様になりました。日中は殆ど姿を見せないので、どの部屋のどこで過ごしているのか把握していません。当然、豚もリビングに居る必要が無くなったので、元の居室である二階へ戻るはずでした。
 が、豚だけは未だにリビングに居続けています。トイレと風呂だけは別室なので移動しますが、食事も着替えもともすれば睡眠すらリビングのソファで取ってしまいます。

 贅沢な話ですが、豚はワンルームに憧れているところがあります。以前勤めていた会社の6畳一間の部屋が非常に居心地が良くて、暑さに耐えられなくなるまで(空調が無かったので)住み続けた位です。雨漏りはするしトイレまではかなり歩かなければならなかったのですが、それでも手頃な狭さに快適感を感じていました。だからかも知れませんが、何から何まで一部屋で完結するワンルームが好きなのかも知れません。今豚が居室にしているリビングは、食事から娯楽、簡易的ではありますが睡眠まで一部屋で完結することが出来ます。以前は寝室が主な居室でありましたが、食事の準備はリビングまで階段を降りなければならず、ちょっと面倒でした。根っからの不精者ですね。

 リビングは14畳あるので、ちょっと広すぎかなとも思います。でも実際は段ボールをいっぱい積んであるので、居住スペース的には6畳と大差ないかも知れません。パソコンもゲーム機もアナログですがテレビも冷蔵庫もキッチンもあるので、この部屋だけで引きこもれてしまいます。トイレも一階と二階にあるので、最低限の移動で済みます。
 豚は一戸建てに住みながら、快適なワンルーム生活を送っています。でもそのリビングも、段々物が増えてきて腐海に没しそうになってきました。猫の先生や気の知れた友人以外は来客なんて無いので、このリビングにお通しするのですが、今は雑然としすぎて少し恥ずかしいです。

 来て欲しくないけど来たるべき日に備えて、綺麗にシンプルに生活しようと思っては居るのですが、中々掃除に着手する事が出来ません。一気には無理ですので、一年掛けてボチボチと片付けていくしか無いですね。

 鬱の酷い人は、部屋の掃除はどうしてるんだろう……。

 午後6時14分

故きを温ねて新しきを知る。

 今日は午前4時過ぎに起床しました。先日より毎日少しずつやっているC++の問題集ですが、昔教壇に立って教えていたにもかかわらず、すっかり記憶から抜け落ちている事が余りにも多くて、非常に勉強になります。いまだC言語の羽仁ですが、C++に入っても十分通用する事柄なので、改めて憶え直しています。

 C言語やC++言語の知識は、JavaやPythonを学ぶときにも役に立つそうなので、正に温故知新。もう時代の流れから取り残されている言語だからと言って疎かにせず、きっちり丁寧に学ぼうと思います。
 一日当たり50ページくらいしか進まないので、もう少しペースを上げて行きたいとは思いますが、これから益々難しい問題が出てくることが予想されるので、逆にペースが落ちてしまうかも知れませんね。

 それはそうと、昨日、買い出しに行く最中に友人とばったり出会いました。その友人は今、社会復帰を目指して企業に研修に通っているそうです。そのせいかもしれませんが、顔つきも以前とは変わっていて、健常者と全く変わりない様な顔つきでした。一般社会に触れると、こうも顔つきが変わる物なんだなぁと感心すると共に、間もなく社会復帰を果たすであろう彼には頑張って欲しいと思いました。
 豚も早く社会復帰したいのですが、未だ襲ってくる鬱の大波と過去のフラッシュバックで、まだまだ社会には出れそうにありません。特に波の様に襲ってくる原因不明の「ワーッ」と叫びたくなる様な何とも言えない複雑な感情が収まらないと、職場や道ばたで頭を抱えて動けなくなったりすると周囲から不気味がられてしまうので、これが収まらない限り無理かな……なんて思ってしまいます。
 もし来年の障害年金更新時に打ち切られてしまったら、自ら命を絶つか無理を押し通して一か八か社会に出てみるかしか無いのですが。多分豚は前者を選ぶ様な気がします。そのために必要な物は既に揃えてあります。後は家を綺麗に片付けて、綺麗にしておくだけですね。立つ鳥跡を濁さずです。

 閑話休題
 さて、今やっているC++の問題集を終えたら、いよいよ本格的にC++でコードを書いて見ようと思います。い小間まではベースがC言語で、便利な機能だけC++を使うと言った事をしていましたが、今度は逆を行きたいと思います。それと同時に、折角復活させたPC-9821RaⅡ23で、アセンブラの復習もしたいと思っています。
 ツイッターで、ハイドライドを作った内藤さんをフォローしているのですが、あの歳になっても未だにアセンブラでPC-6001でスクロールするRPGを書かれています。勿論実機では無くエミュレータの上で動作させているようですが、実機でも動くのを確認されているそうです。あの情熱を少しでも見習いたいと思っています。久しぶりにドラクエもどきを作りたくなってきました。問題集が終わったら、色々やってみようかな。

 午前9時47分

「解きながら学ぶC++言語」

 今朝からC++の勉強を再開しました。使っているテキストは「解きながら学ぶC++言語」と言う、何故か今は売られていない(電子書籍にはある)書籍です。
 豚はCもC++もある程度は理解しているので、普通のテキストを最初から順を追って読んでいくと、絶対に途中で退屈になって投げ出してしまいます。ですので、問題集形式の書籍をテキストに選定しました。
 最初はPC-9821RaⅡ23でBorlandC++3.1を使って勉強していましたが、何分古い物なのでその後に加えられた言語仕様の変更には対応していなくて、テキストの通りに入力してもエラーになってしまいます。名前空間の宣言が出来なかったり、string型が使えなかったりと不自由が多かったので、結局Windows10べースでVisualStudio2019を使って勉強しています。こちらはこちらで最新過ぎて、少し古いテキストには合わない箇所も出てくるのですが……。

 折角手に入れたPC-98用のBorlandC++3.1は、主にC言語と8086アセンブラの勉強用に使おうと思います。幸いTASMも搭載されているので、アセンブラ環境としてはバッチリだと思います。

 本当は集中して勉強できれば良いのですが、残念ながら細切れ時間を有効活用していくしか有りません。弟の介護や実家の買い出し等でどうしてもまとまった時間が取れません。比較的自由時間が取りやすい深夜から明け方をメインに、勉強する様にしています。今日も起床時間は日付が変わる前の23時40分でした。2時間半ほどしか眠っていません。

 取り敢えず今使っているテキストは、豚も知らなかったことも結構掲載されているので、新鮮な気持ちで読み進めることが出来ています。全ての問題を解いているわけではありませんが、何とかこの一冊をやり込んで行きたいなと思っています。

 午後1時53分