豚の独り言

このサイトは、鬱病と闘う一匹の豚が日々感じたことや思ったことを無作為に書き綴っていきます。 極々限られた方にのみ公開しています。

故きを温ねて新しきを知る。

故きを温ねて新しきを知る。

 今日は午前4時過ぎに起床しました。先日より毎日少しずつやっているC++の問題集ですが、昔教壇に立って教えていたにもかかわらず、すっかり記憶から抜け落ちている事が余りにも多くて、非常に勉強になります。いまだC言語の羽仁ですが、C++に入っても十分通用する事柄なので、改めて憶え直しています。

 C言語やC++言語の知識は、JavaやPythonを学ぶときにも役に立つそうなので、正に温故知新。もう時代の流れから取り残されている言語だからと言って疎かにせず、きっちり丁寧に学ぼうと思います。
 一日当たり50ページくらいしか進まないので、もう少しペースを上げて行きたいとは思いますが、これから益々難しい問題が出てくることが予想されるので、逆にペースが落ちてしまうかも知れませんね。

 それはそうと、昨日、買い出しに行く最中に友人とばったり出会いました。その友人は今、社会復帰を目指して企業に研修に通っているそうです。そのせいかもしれませんが、顔つきも以前とは変わっていて、健常者と全く変わりない様な顔つきでした。一般社会に触れると、こうも顔つきが変わる物なんだなぁと感心すると共に、間もなく社会復帰を果たすであろう彼には頑張って欲しいと思いました。
 豚も早く社会復帰したいのですが、未だ襲ってくる鬱の大波と過去のフラッシュバックで、まだまだ社会には出れそうにありません。特に波の様に襲ってくる原因不明の「ワーッ」と叫びたくなる様な何とも言えない複雑な感情が収まらないと、職場や道ばたで頭を抱えて動けなくなったりすると周囲から不気味がられてしまうので、これが収まらない限り無理かな……なんて思ってしまいます。
 もし来年の障害年金更新時に打ち切られてしまったら、自ら命を絶つか無理を押し通して一か八か社会に出てみるかしか無いのですが。多分豚は前者を選ぶ様な気がします。そのために必要な物は既に揃えてあります。後は家を綺麗に片付けて、綺麗にしておくだけですね。立つ鳥跡を濁さずです。

 閑話休題
 さて、今やっているC++の問題集を終えたら、いよいよ本格的にC++でコードを書いて見ようと思います。い小間まではベースがC言語で、便利な機能だけC++を使うと言った事をしていましたが、今度は逆を行きたいと思います。それと同時に、折角復活させたPC-9821RaⅡ23で、アセンブラの復習もしたいと思っています。
 ツイッターで、ハイドライドを作った内藤さんをフォローしているのですが、あの歳になっても未だにアセンブラでPC-6001でスクロールするRPGを書かれています。勿論実機では無くエミュレータの上で動作させているようですが、実機でも動くのを確認されているそうです。あの情熱を少しでも見習いたいと思っています。久しぶりにドラクエもどきを作りたくなってきました。問題集が終わったら、色々やってみようかな。

 午前9時47分

wpmaster