豚の独り言

このサイトは、鬱病と闘う一匹の豚が日々感じたことや思ったことを無作為に書き綴っていきます。 極々限られた方にのみ公開しています。

今日は何をしようかな?

今日は何をしようかな?

 取り敢えずの予定としては、「駐車禁止除外指定車」の標章の更新をするために、弟を警察まで連れて行かなければなりません。後は日中はおしめ替え以外は自由時間が取れるので、自分のやりたいことが出来ます。

 ゲームはちょっと飽きてきたので、今日はC++の問題集の続きをやろうかなと思います。丁度豚が苦手な「再帰」の所なので、この際苦手を克服しようと思います。「ポインタ」もそうですが、「再帰」を理解するにもアセンブラの知識が非常に役に立ちます。「スタック」の概念なんか、アセンブラを少しでも囓っていないと中々理解しにくいと思います。

 問題集の解答は、PC-98で行っています。どうしても新しい規格のC++が必要な箇所だけはリビング用PCで解答していますが、基本はPC-98+Borland C++3.1の環境で解答しています。PC-98で解答することに特に意味は無いのですが、折角Borland C++3.1を買ったので、使わないと勿体ないかなと思うからです。開発環境としてはリビングPCの方が数倍使いやすいのですが、まぁノスタルジックな雰囲気を感じられて良いかなと。

 それに引き換え、PC-88は全くと言って良いほど動かしていません。入手した手の頃はウィザードリィで遊んで居たのですが、プログラミングを始めるための詳細な資料が入手出来ないので、ツールも揃っているのに何も出来ないと言うジレンマに襲われています。メモリマップだけは雑誌に掲載されていましたが、資料はそれしか無くて、例えばフロッピーにアクセスさせるためのルーチンとかROMのどこにあるのかが全くわからない状態です。メルカリやヤフオクも探しているのですが、中々PC-88に関する資料は出品されて居らず、有ってもすぐに買われていて気が付いたときには遅かったりしています。コミケなんかでは同人誌でレトロPCの技術情報誌なんかが売られていたりする様ですが、東京まで行くことは不可能ですし、どこかに委託販売か通販でもやっていないか探す方法も知りません。(そもそもサークル名を知りません)
 PC-6001やMZ-700なんかは、比較的ネットに情報が落ちているのですが、PC-88に関しては余り有りませんね……。

 午前6時36分

wpmaster