こっちも手付かず。

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

 一日1キャラを目標に制作すると書いていましたが、結局今日までに1キャラも仕上げていません。座っているのが苦痛なので、今後1ヶ月間も作成する自信はありません。
 構想としては、全マップを仕上げた後、イベントを洗い出して仕様書を起こし、イベントテーブルを作ってから各種イベント(会話やマップ移動、戦闘など)に処理を飛ばす所までを第一段階として制作するつもりでした。
 今のペースで行くと、年内にマップが仕上がるかどうかと言う感じです。もっと良い方法が思いつけば、途中で作り方を変えるかも知れませんが......。
 司法書士の受験勉強と併せて、地道にやっていければと思っています。

一日一キャラ。

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

 明日から始まる新年度から、司法書士試験の受験勉強を再開することになりました。それに伴い、ライフワークのドラクエⅢ移植プロジェクトも、規模を縮小して継続していこうと思います。取り敢えず当面は、毎日1キャラクタをドット絵で仕上げていこうと思います。それだけでも全キャラクタを仕上げるには2ヶ月近くかかると思います。

 C/C++や他のプログラミング言語のスキルアップも勿論やります。これから義務教育でプログラミングが入ってくる以上、一般常識になってくると思われるからです。法律の勉強とプログラミングの勉強、二足の草鞋を履くのは大変ですが、若干法律の勉強の時間に比重を置きつつも、プログラミングもスキルアップを図っていきます。

 またプロジェクトの完遂まで時間がかかることになりますが、こちらはライフワークなので、そのつもりで続けていきます。

ダウン。

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

 街中の城(背景が赤い奴)の4パターンを作ったところでダウン。疲れた......。
 このペースで間に合うのか......?

ドット絵を模写している最中です。

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

DSCN0240.jpg ドット絵を模写していて、休憩中にPCの前を陣取ったにゃんこ先生こと福です。このポーズは相手をして欲しいのでは無く、おやつを強請っているので、チャオちゅーるをあげるまで何度も机上に上がったり降りて下からニャーニャーとちょっかいを掛けてきます。

 さて、ドラクエⅢのマップを取り込んで、ドット絵をキャラクタエディタで模写しているのですが、中々上手く行かずに困っています。城の左上部分だけで1時間以上悪戦苦闘しています。入院までに全キャラクタを模写するのは不可能ですが、せめてフィールドマップだけでも仕上げたいなぁ......。

 にゃんこ先生も連日の徹夜に付き合ってくれているので、今からおやつをあげようと思います。説明書きには1日4回を目安に与えて下さいと書いていますが、私は多い日でも2回しか与えていません。頑張って4回上げる様にしないとね......。

16ドットキャラ対応。

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

 マップエディタの16ドットキャラクタ対応が完了しました。しかし、エディット画面が小さくて、非常に作業しにくいです。フル画面モードにすれば自由に解像度を選べますが、マップを参考にしながら入力したいので、ウィンドウモードにするしか無く、悩み所です。DXライブラリに拡大縮小が有ったと思うけど、こう言う場合に使うものでは無かったと思いますし......。もう少し、考えてみます。

何とか......。

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

 マルチウィンドウクラス、何とか以前作っていたところまで再現できました。まだウィンドウ内に文字列を表示したり、入力を受け付けたりは出来ないのですが、それらはこれから実装していきます。今度こそ間違えて消してしまったりしないように、バックアップを複数取っておかなければ。

 今は午前11時23分。再現するのに途中仮眠も入れて8時間くらいかかっていますね......。図面を書かずに頭の中だけで設計している(悪い癖です)ので、余計に時間がかかったような気がします。

 このクラスはキャラクタエディタに組み込んだりしないで、作品本体で使うことにします。後はマップエディタを16ドットキャラクタに対応させれば、ドット絵作成とマップ作成の作業に入れます。入院までに、せめてここまでは作っておきたいですね......。

やり直し......。

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

 以前、折角書いたマルチウィンドウクラスが、行方不明になってしまいました。HDDは勿論NASまで探してみましたが、書きかけのクラスがあるだけ。システムをインストールするときに気をつけて待避させたはずなのに、見当たらないという事はHDDの初期化に巻き込まれたのか......。

 今残って居るのはクラス化されていない、小さなウィドウが表示されるだけのソースが残っています。また書き直しか......。気が重いけど落ち込んでばかりはいられないのでまた書き直します。

RPGツクールMV

DSCN0239.jpg RPGツクールMVをインストールしました。通常のアプリとインストール方法が全く違うので、迷って困ってやっとインストールできました。でもゲーム制作に使う気持ちは無く「敵を知り己を知れば......」のことわざに倣い、どのようなツールを使ってどうやってゲームを組み立てていくのかを知ろうと思います。幸いなことにこれを購入したときはセール期間で、3000円以下で購入したと思います。定価は12800円なので、ちょっと驚きです。
 豚の知っているRPGの作り方は、言わば高校の化学の先生の受け売りで、全くの我流です。しかし、色々と文献を読んだりした結果、間違った方法では無かったようです。ただ、今のように簡単にデータベースやワープロが使える時代では無かったので、仕様書やイベントのジャンプテーブルなどは全て手書きで、恐ろしく手間がかかりました。アセンブラもありましたが、BASIC上で機械語を動かす必要のあるときは、ハンドアセンブルした機械語をDATA文に打ち込んで動かしたりと、アセンブラの基礎を叩き込まれました。お陰で専門学校に進んでからも、電子回路以外の科目はいつも「優」を貰う事が出来ました。今思うと、電子回路もこのときに真剣に勉強していれば、今がもっと充実した時間になっていたのでは?と後悔しています。

 さて、マップエディタの改造ですが、一マップに置ける最大マップチップ数を、ドラクエⅢと同じ256キャラ×256キャラに設定しました。後は32ドットキャラクタを16ドットキャラクタも扱えるように変更するだけです。多分その辺りはパラメータの変更で弄れたと思いますが、もう一度ソースを読み直してみます。

 上部の写真は「にゃんこ先生」こと同居人「福」の写真です。相手をして欲しいときはこんな風にキーボードとモニタの間に入り込んで寝そべります。それでも無視すると、今度はキーボードの上に乗っかって、画面を無茶苦茶にしてしまいます。普段の定位置は足下の小さなホットカーペットの上なんですが......。可愛くも頼りになる相棒です。

仕様再変更。

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

 キャラクタのサイズですが、やはりオリジナルに倣って16ドット×16ドットで作成したいと思います。キャラクタエディタの方で既に対応させたので、後は解像度をどの位にすればオリジナルに近くなるのかを研究しなければなりません。まだマップエディタでは16ドットキャラクタに対応していませんので、これから調整していきます。

DXライブラリが......。

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

 豚がセーブエディタでゴチャゴチャしている間に、DXライブラリがAndroidに対応していました。DXライブラリは豚が好んで使わせて頂いているライブラリで、これのお陰でツール作成やゲーム作成がかなり楽になります。普通では使うのがややこしいDirectXを簡単に使えるようにしてくれる、非常に便利で有り難いライブラリです。
 それが今回、Androidに対応しました。開発言語はJavaでは無くC/C++なので、豚でもAndroid用アプリが楽に作れる可能性が出てきました。久しぶりに非常にワクワクしています。今の所はWindows対応版で精一杯ですが、ドラクエⅢの移植が完了すれば、オリジナルゲームも作ってみたいなと思って居ます。あわよくばその頃にはiOSにも対応していれば良いなと思いますが、......。公には求められていないと思いますが、個人的にマップエディタやキャラクタエディタがAndroidアプリになれば、非常に便利だと思います。まだどれだけの命令に対応しているのか確認していませんが、楽しみです。