ガイダンスを受講して。

「司法書士試験のための法学入門」というガイダンスを何回目か受講しました。いや、やっぱりこの試験は脳みそが元気な人が受験する試験ですね。「デュープロセス1」を参照しながらガイダンスを聴いていましたが、竹下先生は飛ばす飛ばす。物凄いペースで進んでいき、話を聞いてテキストを目で追うだけで精一杯でした。
 実はこのガイダンスは2時間あり、前半の1時間しかまだ受講していません。それでも久しぶりに受講すると、頭が爆発しそうです。百枚以上あるDVDの内の一枚目です。しかもその半分。前回もここで挫折してる......。

 概要は、
・民法、不動産登記法で70問中36問出題される。
・実体法と手続き法の違い。
・五択問題で大体90%以上、筆記で60%以上の正解がないと合格出来ない。ただそれだけの事。
・六法は三省堂の「模範六法」が良い。
・条文と判例、先例は何よりも大事。テキストに条文が出てきたら、何度も六法を引く事。
・細かい事は講義で解説する。
位だったと思います。

 後半は民法・不動産登記法の全体像についての解説らしいです。

 後半1時間は明日に受講しようと思います。病んだ脳みそにはかなりキツい内容ですね......。これもリハビリと思い、投げ出さないように続けていこうと思います。

 午後10時05分

受験勉強再開。

 但し、来年に合格目標を定めるとかでは無く、習慣として法律の勉強を出来る様になるのが目標です。今まで机に向かって勉強する習慣は無かったので、先ずはその習慣を身につけるところから。
 講義は数年前に受講していた「竹下合格システム」の講義を初めから受講し直します。その間の法改正には気をつけて、古い知識を覚えてしまわないように予習もしなくてはなりません。条文も六法で引かなくてはならないし、過去問も解かねばならないので、それなりに時間を確保しなければなりません。
 昨日から開始した「ドラクエ移植プロジェクト」と平行してやっていくので、気持ちを切り替えるところが大変そうです。二足の草鞋をどこまで履きこなせるか、ある意味自分の限界を見てみたいと思って居ます。

 司法書士試験の勉強は、習慣化のメソッドに従って実行して行こうと思っています。習慣化に大事なことは、必ず毎日やる事。その為に体調が悪い時などでも最低限実行できる「ベビーステップ」を決めておきます。今回の場合は「講義の映像を流し見る。」事をベビーステップにしようと思います。

 さて、どこまで出来るか、挑戦です。

 午後8時01分

暫く休止します。

「好きこそ物の上手なれ」と言います。豚は法律もPCも好きなので、どちらに打ち込もうかと散々迷いましたが、少なくとも今年更新を迎える社会保障の結果が出るまでは、プログラミングに打ち込もうと決めました。社会保障が無事更新されて、安心して勉強出来る体制が整ったときは、再度考えたいと思います。
 それまでは法改正に気をつけながら、プログラミング一筋で勉強しようと思いますので、このブログは当分休止致します。悪しからず御了承下さい。

停滞中。

 入院準備で忙しく、精神的にも時間的にも余裕が無くなっているので、現在は受験勉強は停滞中です。
 入院中、体が動かせるようになったら読もうと、「私の司法書士試験合格作戦」の最新刊を入手してあります。術後数時間は頭を動かすのも禁止らしいので、読むのは翌日以降になるとは思いますが......。

 入院中はブログを更新できるかどうかわからないので、御了承下さい。

判例百選まで......。

 まさかとは思いながらもAmazonで判例百選を検索したら、Kindle版が出ていました。これはどうしても欲しい!しかし、とても買えない......。一冊2500円近くで、民法だけで3冊。憲法など入れるとべらぼうになります。
 以前近畿大学で民法の講義を受けていたときに、法学部長だった目崎教授は「本当に民法をマスターしたいなら、百選の読み込みは必須」と仰っていました。古い版なら書籍で持っていますが、判例も刻一刻と変わるので新しい方が良いに決まっています。
 でも、百選は読むのがかなり難解で、それなりの法知識を持ち合わせていないと何が書いてあるのかわからないと言うものでもあるので、もう少し民法をやり込んでから判例百選を購入しようと思います。

 それにしても六法にテキストに問題集に判例集まで電子書籍化されてるんですね。タブレット2枚持ちならばどこでも勉強出来ますね。良い時代になりました。

つい買ってしまった......。

 模範六法iOS版2017年版、4800円で買ってしまいました。無料版は条文を参照できるけど、判例までは参照できなかったので、つい魔が差して......。

 でもこれで(滅多に無いけど)屋外でも六法を参照することが出来ます。一応iPad miniに入れたけど、iPhone7にもインストールしておこうと思います。読みにくいことこの上ないと思いますが......。

有るもんですなぁ......。

 iPadで模範六法のアプリを探してみたら、ありました。しかも憲法と民法は無料で使用できるので、入院中はこれで十分です。とてもじゃないけど一週間程度の時間で不動産登記法まで進むことは不可能なので、これで十分です。4800円でまるごと買えるのですが、紙版の模範六法を持っているので勿体ないし......。

 まず初日と二日目は痛みで読書や勉強所では無いと思います。痛みが治まり次第退屈な時間が出来るので、その時間を利用しようと思います。(3DSでドラクエやってる可能性が高いですが......)。

テキストは数年前のデュープロセス。

 豚が数年前に申し込んだ講座は「TACの竹下合格コース(だったかな?)で、テキストはデュープロセス、問題集も指定の物が送られていていました。本来ならば法律も少し変わっているのでテキストも新調するところですが、そんな経済的余裕など豚には無いので、申し込み当初のテキストを使い、改正部分だけを別途学習する方法をとりたいと思います。
 それにプラスしてLECの門外不出だった「ブレークスルー」が出版されたので、民法だけは揃えてあります。過去問集もLECの合格ゾーン(昨年度版)に今年度に追加された物だけを纏めた書籍で補います。合格ゾーンの今年度版も民法だけ電子書籍で購入してあるので、入院中に勉強することも可能です(多分しないでしょうけど)。六法を持っていくのは重くて至難の業なので、それは諦めて入院中はゲームかネットサーフィン、読書に明け暮れたいと思います。

 退院後は、余り外出できない体になるので、自宅に籠もっていることが多くなると思います。その時に勉強に取り組みたいと思います。

 それよりも、先生の仰る「最悪のパターン」になっていないことを祈ります......。

久々に勉強再開。

 明日は4月1日。世間では新年度の始まりですが、働けない豚にとっては何の変哲も無い1日です。でも、豚も久しぶりに法律の勉強を再開することにしました。

 正直言って、今や弁護士ですら食いっぱぐれる世の中なので、司法書士なんていう資格を持っていても、何のメリットもありません。でも、日本国に住む以上、日本の法律くらいは知っておかねばならないし、どうせなら資格を取るという目標があればモチベーションも上がると思います。

 もう4年くらい前に40万円ほど出して司法書士講座を申し込みました。が、やはり鬱の具合や生来の怠け癖から三日坊主になってしまいました。あれから法律も変わりましたが、未だ大部分当時のまま通用します。明日から始まる来年度からは、再び司法書士を目指して勉強を始めます。

 ただ、来週後半からは入院や手術が控えているので、本格的に取り組むのは退院後になると思います。また、ドラクエ移植プロジェクトも少しずつ進行していきたいので、受験生モードになるのはもう少し先になりそうです。

 合格率3%の超難関試験、取得できれば大きな自信に繋がると思います。行政書士の資格も視野に入れつつ、勉強を始めます。

  • entry128ツイート
  • Google+