年内最後の通院日。

 今日は年内最後の通院日でした。道中の電車は相変わらず混雑しており、京橋駅なんかはコロナ前と変わらない人出でした。仕事の人は仕方が無いとして、不要不急の外出は控えるようにとの知事からのお願いは、殆ど効き目が無いような感じです。

 そしてこんな日にも病院は混んでおり、診察まで約1時間待ち。換気のために開けられた窓から、外をボーッと眺めていました。実は暇潰しするためにエミュレーター機やタブレット、ラジオを聞くためのサブ回線のスマホなど、色々と持って行っていたのですが、結局往復時にラジオを聞いただけで病院の待ち時間は相変わらず何も出来ませんでした。

 診察は5分ほど。前回と同じ薬で良いとの確認の後、年末の挨拶をして診察室を後にしました。
 そして隣にある調剤薬局で薬を頂きました。その際「前回に比べて内容が変わっていますが、ご存じですか?」と聞かれたので、豚は勝手に前々回のことだと勘違いして「前に処方されたお薬で酷い副作用に悩まされたので、それを抜いて貰いました。」と答えました。薬剤師さんは?と言った表情で、何だか話がかみ合っていないなと思いましたが、取り敢えず薬を受け取って帰宅しました。

 自宅に着いてから処方を確認してみると、サインバルタと言う豚にとっては関節痛や神経痛にも効果がある抗鬱剤が、綺麗さっぱり抜かれていました。確か先生には「前回と同じお薬で……」と言ったはずなのですが、後の祭り。明日から病院も休みに入るし、薬局も同じく休みです。次回の診察まで何とか持ちこたえられるか、様子を見つつ我慢するしか有りません。
 やっぱり窓口で処方箋を受け取ったときに、しっかり確認するべきですね。

 さて、これで今年の豚の対外的な用事は全て終了しました。明日は朝一にお墓参りに行って、お正月用の花を入れてこなければなりません。そして昼前からは弟番。実家で寝ている弟について、発作を起こさないか・唾液で誤嚥しないかを見張る仕事があります。そして夕方からは弟の入浴です。明日のことを考えるとゲンナリしますが、仕方有りません。自分の鬱と闘いながら、出来る範囲で弟の介護を全力でやるだけです。

 今年も残すところあと三日。悔いの無いように令和二年を送りたいと思います。

今日はクリスマス・イヴ。

 今年は雨のクリスマス・イヴになりました。新型コロナの影響も有り、世間でも個人でもクリスマスシーズンを感じさせるような行事は自粛されているような感じですね。
 まぁ豚はクリスマスもお正月も平常運転です。弟の介護を中心に時計は回っています。せめてクリスマスらしいことを……と、今朝コンビニでフライドチキンを2本購入して、母に1本プレゼントしました。ささやかですが、これで我が家のクリスマスは終了です。

 クリスマス本番の明日は、父に頼まれていた「年末ジャンボ宝くじ」の残り福を狙って購入しに行きます。久しぶりに布施まで出かけることになります。ついでに近鉄百貨店に寄って、あれこれ購入してこようと思います。
 二十数年前の黒歴史を思い出すことないように、出来るだけ予定を詰め込んでいこうと思っています。勿論感染対策はしっかりしながら……。

 今日は空いている時間は、ひたすらボーッとして過ごそうと思います。

まるでサザエさん……。

  今日もいつものコンビニで炭酸水と牛乳、ヨーグルトや弟に食べさせるケーキなどを購入しようとレジに行き、会計の時にいつものポケットに財布が無いのに気付きました。その時レジをしていたのがオーナーさんの奥さんだったので、その方が「建て替えておきましょうか?」と言ってくれたのですが、「いえ、すぐに財布をとってきます!」と言ってダッシュで自宅とコンビニの往復をしました。
 その間、二つのかごに入れた商品で、片一方のレジを占領していたため、他のお客さんの迷惑になるのではとヒヤヒヤしていました。
 サザエさんの歌ではのんきに描かれていますが、実際に財布を忘れたら冷や汗ものですよ……。この瞬間だけは「しんどいなぁ」「大儀だなぁ」と言う感情はどこかに吹っ飛んでいました。
 どこに出かけるにも、持ち物の確認は大事ですね……。

年末・年始に向けて……。

 年末年始に勉強を始めようと思って、書籍を2冊ほど購入しました。2冊ともPythonの技術書です。後年内にもう一冊、C#の入門書を購入しようと思っています。来年はオブジェクト指向を今更ながらに学び直そうと思っています。
 Pythonは数ヶ月前に「今日はPython」で基礎の基礎だけは触れたことがありますが、まぁサンプルを打ち込んで実行してみただけの殆ど未経験に近い状態です。

 C#は以前から興味があったものの、どうしてもC/C++に流れてしまい、敢えて触れないようにしてきました。ゲームを作るなら今でもC/C++は現役ですが、世の中のプログラミングの流れは日々進んでいます。
 豚はドラクエもどき作成にDXライブラリを用いようと思って、今でもC/C++に執着していますが、「ハイドライド」の作者の内藤さんはC#でマップエディタを作成されており(ターゲットはPC-6001mk2ですが)、不可能では無いんだなと思ったので、新年にはC#に手を出してみようと思い立った次第です。
 まぁ当分はC/C++でドラクエもどき関連のコードは書くつもりですが、DXライブラリもC#版が公開されているので、上手く使えるようであればそのまま乗り換えてしまおうかなと思ったりもしています。

 これは予感ですが、2021年は豚にとって大きな変革がある一年では無いかと思っています。易学では豚は来年は最悪の年だそうですが、7月に更新予定の障害年金が打ち切られるのかも知れません。そうなると無収入になってしまいますので、今のうちに少し準備をしておこうかなと思っています。開発関係の仕事はもう懲り懲りですが、教育関係に携われればと思っています。まぁ不可能に近いですが、以前勤めていた専門学校に50歳前後で転職してきた先生も居ましたので……。その先生は開発現場からの転職だったので、何もしていなかった豚とは比べるべくもないのですが。

 思えば「日経ソフトウェア」が「日経Python」状態になってからもう2年くらいが経過します。世の中はそれだけPythonを求めているんだなと言うのは嫌でも分かります。かなり乗り遅れてしまいましたが、今更ながら豚もオブジェクト指向に舵を切りたいと思います。

2時間半かかった……。

 今日お昼ギリギリに、ゲーミングチェアが到着しました。予想していた通り巨大な箱で到着。台車を持って行っていたので、自宅までは何とか運べました。しかし椅子の重さだけでも20kg以上あるので、組み立てるのに悪戦苦闘しました。説明書には「必ず2人以上で組み立てて下さい」と書いてありますが、豚は一人暮らし。まぁさつきがチョロチョロと珍しそうに組み立て中のチェアにちょっかいを掛けていたので、一人半という所でしょうか。
 しかし狭いリビングで隙間を縫って組み立て作業するのは、思いの外大変でした。組み立て中に自由に椅子の向きを変えることが出来ない上に、物凄く重たいので……。結局組み立て終わったのは2時半。余った部品は1点。マニュアルにも記載されていない部品なので、何のためにあるのかが謎です。
 苦労しましたが、完成した椅子の座り心地は悪くありません。2万円もしない安価なチェアなのでもっといい加減な作りをしているのかと思っていましたが、これなら及第点です。でも中国製というのが気に入らないですね。今時中国製でないものを選ぶのが難しいくらいになっていますが……。

 でも久しぶりにプチDIYをしたので、2時間半があっという間でした。もう暫くこの椅子を使ってみて、良ければ寝室に置く座椅子を同じシリーズのゲーミング座椅子を買ってみようかなと思っています。予算的に暫くは無理そうですが……。

ゲーミングチェアとスマホ。

 Amazonでゲーミングチェアを購入しました。豚の体重は今130kgを行ったり来たりしているのですが、この体重のせいで今まで破壊した椅子は4脚。特に亡き祖母が買ってくれた立派な分厚い一枚物の板を座面に使った椅子は、真ん中から真っ二つに割れてしまいました。
 そして昔実家のキッチンで使っていた椅子も、背もたれにもたれかかったら一瞬でバラバラに折れてしまいました。
 今は家を建てたときに購入した24年前の事務チェアに座っていますが、すでにスポンジ部分はへしゃがってしまい、油圧シリンダ部分は不気味な鳴き声を上げています。時折「ガクッ」と下降するときがあり、寿命も近いのかなと思っています。

 そんな訳で豚の体重に耐えうる椅子を探していたのですが、殆どが100kg迄が限度で、それ以上は中々ありませんでした。そんな最中にAmazonでセールをやっていたので何気なしに眺めていると、136kgまで耐荷重があるゲーミングチェアを発見しました。実は新築時に先に述べた事務チェア以外にもう一脚ゲーミングチェアを買っていたのですが、先ずは肘置きから壊れ始めて、最後は座面が破れてしまって10年くらいで完全に壊れてしまいました。
 耐荷重はどの位あったのかは知りませんが、当時はそんなに重くなかった(60kg位)ので、体重で壊れたのではありません。そんな事で、余りゲーミングチェアに良い印象は持っていないのですが、背に腹は代えられません。予算の関係もあり、写真の椅子を購入しました。
 椅子の重さだけで23kgあるらしいので、明日の受け取り時には門から自宅の玄関まで運ぶのに苦労しそうです。

 それからスマホも一台購入しました。富士通のF-02Lと言う昨年夏に発売されたモデルで、Android9.0を搭載しています。価格は1万円ちょっとでした。何で今更昨年のスマホを購入したのかと言うと、親父がこのスマホを持っているからです。豚はコンピュータ業界に居た事もあり、「パソコンが扱えるならスマホくらいは朝飯前だろう」と言う勘違いあるあるの通りに親父に事ある毎に質問されます。豚は最初のスマホはAndroidでしたが、それ以降はずっとiPhoneを使っており、Androidについては全くのド素人です。増してや自分のスマホなら色々と弄れますが、親父のスマホなので万一データを消してしまったら大変です。なので、イオシスで中古でこの端末を探して購入しました。中古と言ってもAランクなので目立つ傷や汚れは無いはずです。新品を探しましたがありませんでした。
 しかし中古とは言え昨年の秋には7万円位していた(確か親父はドコモでそれ位払っていた筈)端末が、僅か一年で1万円ちょっとにまで下がるんですね。
 本当はiPhoneの型落ち未使用品を購入して親父に使わせようと思っていたのですが、流石にiPhoneは型落ちといえども高いです。iPhone8以降の端末は、中古でも5万円位しています。こんな予算は当然豚は持ち合わせていないので、親父に合わせることにしました。
 この機会に本格的にAndroidを勉強するのと、かなり癖の強いこの端末を勉強して、親父に教えようと思っています。Simはどうしようかと悩んだのですが、iPhoneから度々抜き差ししていて破損や紛失したら大変なので、格安SIMを申し込みました。今データ専用に使っているSIMと同じmineoの通話用SIMです。ほんとうに最低限の契約なので、月あたり1,500円程度です。ただ職業を「無職」にしたので、審査に通るかどうかは分かりません。ドコモでも10万円以上の端末の分割支払いの審査には落ちてしまう程なので、通らなければ手持ちのデータ専用SIMをプラン変更して再度申請しようと思っています。
 しかし持ち家でローン残債無しなのに、収入が年金のみとなると社会的ステータスは底辺なんですね……

 ゲーミングチェアのことは親に話していますが、スマホの件は全く話して居らず、もしバレたら相当怒られる(無駄遣いだと……)のは必至なので、親バレしないようにしなければなりません。データSIMをプラン変更したとでも言って誤魔化さないといけません。まぁ豚もこのSIMを本格活用するつもりは無いので、用がなくなったらサッサと解約するつもりです。
 自分の貴重なお金を使って、怒られるリスクを冒してまで親父にスマホをレクチャーするのは馬鹿馬鹿しいですが、親父が初めてスマホを買ったときにプレゼントした「60歳からのAndroidスマホ」と言う書籍を、ボロボロになってもまだ大事に読んでいるので、せめてもの親孝行をしたくなりました。書籍はAndroidの一般論で書かされているので、親父のスマホに当て嵌まらない箇所もかなり有り、その度に悩んでいるようですので……。

 しかし今回買ったこの端末、癖が強くてかなり使いにくいので、豚も習得するのに苦労しそうです。何故iPhoneが人気があるのか、ほんとうによく分かりまね……。

時間があっても……。

 精神科で処方を変えて貰ったときは、一時的にとは言え何かをやろうとすることが出来ました。しかし副作用が酷くて元の処方に戻ってからは、また元の木阿弥。何をするのも凄まじく大儀で、億劫で面倒な状態に戻ってしまいました。
 eoから届いたメッシュネットの装置も、箱に「必ず開封して下さい」と朱書きされているにも関わらず、未だに未開封で積んでいます。奇跡的に抽選で当たったPS5も、初期設定と何本かソフトをインストールしただけで放置。買い換えたSwitchもシステムとジョイコンのファームを書き換えただけで、これまた放置。折角買ったPS4用のドラクエⅪSも、インストールして最初のセーブポイントまで行ってセーブ後に放置。
 結局何にも手付かずで無駄な時間だけが過ぎ去っていきます。

 プログラミングの勉強も再開しなければいけないし、新しい言語(C#やPython)も習得しなればいけないのに、PCの前に座った段階で何もかも億劫になり、時間ばかりが経過して行ってしまいます。

 今日も結局何もすること無く、もう午後1時40分。まだ薬の依存から離れきっていないのか、「こんな時にリタリンがあればなぁ」と思ってしまいます。あの薬は「合法覚醒剤」と言われるだけ有って、なんでも出来る気になれました。自分がスーパーマンになったような感じで、鬱病なんかどこへやら……と言う位の威力がありました。しかし、闇取引したり乱用する馬鹿(自分も含めてですが)のせいで、「ナルコレプシー」以外の病気には処方されなくなってしまいました。

 豚が落ち込むときによく頼っている精神安定剤の「デパス」。これも最近「麻薬等向精神薬取締法」の対象薬となってしまい、処方される量が激減してしまいました。あんな弱い薬が何故?と思ったのですが、依存性が半端なく、豚の両親も内科などで処方されたデパスにどっぷり依存してしまっています。豚は依存というより乱用に近いのですが、一度に10~20錠服用してしまいます。そうなるとその後の記憶がすっかり吹っ飛んでしまい、嫌なことも思い出さなくなってしまいます。勿論、大事な約束なども約束を交わしたことすら飛んでいるので、気をつけなければなりませんが。

 薬の乱用は悪いことだと十分に理解していますが、鬱の大波に呑み込まれたり、悲しいことや嫌なことがあると、ついその場から逃避したくて乱用してしまいます。OD(オーバードーズ)等とカッコいい言い方をしますが、要は乱用です。実は今もデパスを10mg(10錠)服用している状態で、この記事を書いています。間もなく強烈な眠気に襲われて、眠気との戦いになるでしょう。

 二十数年前まではこんな事が考えられないくらいに心身共に健康体だったのに、たった一度レールから脱線してしまったが故に、こんな廃人に成り果ててしまいました。
 それでも時間のあるうちに出来るだけコンピュータ言語の勉強をして、プログラミング教育に何らかの形で関わっていけたらなと思っています。実は数年前にとある学習塾から「今後はコンピュータ教育が必須になるので、講師をして欲しい」とオファーがあったんです。でもその時は鬱の大波に飲まれている状態でしたので、字の如く門前払いをしてしまいました。今だったら、もっと冷静にお話を聞くくらいは出来たのにと、後悔しています。

 まぁ昔のことはさておき、今後せめて学生や生徒たちに求められるスキルくらいは、身につけておきたいと思っています。最近進んでいる痴呆防止のためにも……。
 しかし、大儀で何も出来ない……。このジレンマはどうやれば解決できるのでしょうか?

体重の増減が激しい……。

 本格的に糖質を断ってから体重が一気に6Kg減りましたが、今日計測したらまた2Kgほど増えていました。これは多分(と言うか間違いなく)シリアルやフルグラの食べ過ぎだと思われます。
 適量は50gとされているのですが、秤を持っていないので袋に書いてある「お米1合相当」と言うのを目安に計量カップで量っていました。が、入れ方が下手なのか「ドバッ」と入ってしまうことがあり、元に戻すのも躊躇われるのでそのまま食していました。
 当然シリアルの量に比例して牛乳の量も増え、摂取カロリーが1食で500kcal近くになることもありました。
 昼は野菜の炊き合わせにカボチャの煮物、夜は鍋物(白菜・しめじ・もやし・薄揚げ・鶏肉)を作って食べていました。
 そしてどうしても空腹に耐えきれず、シリアルを間食に摂ってしまうことがあり、これが余計なカロリーなんだと思います。
 一昨日は125kgだったのが、今日は128kg。シリアルも糖質なので、本来はこれを止めるのが一番良いのですが、脳の唯一の栄養素が糖質(それもブドウ糖)なので、完全に断ってしまうと最近進んできている痴呆症(だと自分では思って居る。前日の食事や行動を思い出せないことが多くなってきました。)が進んでは嫌なので、最低限脳を働かせるだけの糖質は摂取したいと思っています。まぁダイエットの観点から見ると、それも甘えなんですけどね。

 右足の痛みも未だ治まらず、整形外科の先生曰く「水が溜まっているかも知れない」とのことなので、年末になってまだ痛みが治まらなければ、再度診察を受けなければなりません。

 年内に120kgを切ることを目標に、食事制限を頑張っていこうと思います。

2回目の健康指導。

 今日、東大阪市の西保健所から電話がかかってきました。前回は9月頃にかかってきたんですけど、今回は2回目の健康指導と経過観察の電話でした。
 血圧が高い方が殆ど毎日160台有るのと、低い方が100を超えているというので、異常すぎると言う判断からの健康指導でした。それに加えて、肥満が酷すぎると言う事でもありました。「前回は11Kg減って121kgだとのことでしたが、今はどうですか?」と聞かれたので「見事にリバウンドして130kg台に戻っています。」と答えました。
 かかりつけの内科からの資料によると、豚は皮下脂肪が多いんじゃ無くて、内臓脂肪が付きすぎているとのこと。そのせいで肝臓は脂肪肝になり、エコーの検査も脂肪に邪魔されて検査することが不可能になっているとのことでした。
 高血圧も内臓脂肪が減ると下がってくるとのことで、内臓脂肪を下げるには何よりも食事療法が必要だとのことでした。
 具体的には食事の前にスーパーなどで売っている「キャベツの千切り」を一袋、ドレッシングを掛けて食べ、それから食事をするようにすると、脂肪の代謝も上がるし満腹感も得られるので、そのようにして下さいとの指導がありました。これを毎食続けるんだそうです。
 いや、豚は決してキャベツの千切りは嫌いではありませんが、毎食となるとうんざりしてきそうな気がします。
 それから、極力自炊する事や屋外への散歩も心掛けて下さいと言われたので、鬱の状態が余り良くないので、外出や自炊は余りすることが出来ませんと答えました。
 保健所なら豚が鬱病で障害年金を受給していることや、障害者手帳を交付されていること、障害者自立支援の手続きに毎年行っていることくらいは把握しているだろうとと思うのですが、同じ役所の中でも縦割り行政なんでしょうかね……。情報の共有が全く出来ていませんでした。
 大体、毎日自炊や屋外に運動しにいけるなら、障害年金なんて受給せずに働きに行ってるわ!と言いたくなりました。豚が受給している障害者年金は、生活保護よりも数万円低い金額です。本当にギリギリの生活を何とか送れる金額で、豚は幸い自宅を持っているので何とかやっていけています。生活保護は所有不動産があれば、売却して換金しなくてはいけないですが(正確には法律にはそんな事は書いていない。)、障害年金は自分が健康だった頃に働いて納めた国民年金や厚生年金から給付されているので、不動産を持っていても認められています。
 生活保護は「医療費は無料」「入院時の保証人には国がなってくれる」「家賃補助が出る」等など物凄く優遇されています。豚が受給している障害年金は、毎月決まった(年々減額されていますが)金額を受け取るだけで、後は健常者と全く同じです。精神障害者手帳でほんの僅かだけ特典は受けられますが、その殆どが1級からで、豚が持っている2級の手帳には特典は殆どありません。
 等と愚痴を言っても始まりませんので、年金を頂けるだけ有り難いと思っています。老齢年金と違って、何時切られるかわからない年金ですが……。

 さて、話題は豚の体重のことに戻って、ブログにも何度か書きましたが、数年前に亡くなられた豚の内科の主治医がアドバイスしてくれたダイエット法。それを再度復活させようと思います。
 その方法は「炭水化物を減らそう」等と甘っちょろいものでは無く「糖質の摂取を全面禁止」です。白米・パンから始まりパスタやラーメンなどの麺類、菓子類に至るまで全ての糖質の摂取を禁止するとのものでした。空腹を補うためには肉や魚等のタンパク質、野菜などでしっかりと腹を満たして下さいとの指導でした。
 実際、僅か2ヶ月で128kgから108kgにまで減量に成功しました。その先生は「ライザップなんかに通って無理矢理減量しても、絶対に体にダメージがある。あれはやってはいけない。」と仰っていました。
 順調よく体重が落ちてきた頃、突然にその主治医の先生が亡くなられて、今のかかりつけのクリニックに通うことになりましたが、今のかかりつけ医の先生は優しいので、性根を入れてダイエットに取り組もうと言う気が失せてしまっていました。亡くなられた前の主治医はとても厳しい先生で、正直怖かったです。小児科もやっておられたので「あれでは子供は先生を見ただけで泣くやろうなぁ」と思って居ましたが、豚のことは良くしてもっらって、気管支炎に罹ったときも「即入院」と言われた時も無理を言ってその先生の医院で毎日朝晩、診察時間外に長時間点滴を打ってもらい、回復しました。日曜も祭日も豚のために開けて下さって、豚一人のために長時間の点滴に付き合って下さっていました。それでいて診察料は普通と同じで、休日料金や時間外診療料金などは一切請求されませんでした。
 だから豚はこの先生の言う事なら素直に聞く気になったし、とても信頼していました。その先生が亡くなってしまったので、ダイエットも途中で終わってしまい、リバウンドを通り超えて前よりも酷い状態になってしまいました。

 今日からその先生の言われたことを思い出して、また徹底的な食事性l源をしようと思います。家族にも保健所との会話を聞かれていたので、豚の体重のことで散々攻められましたし、一念発起してやり遂げる所存です。
 実はまだこの時間になって昼食を摂っていないので、今日の昼食は明日の朝食用に買ってきたのと同じシリアルに牛乳を掛けて食べようと思います。夕食は根野菜の炊き合わせとカボチャの煮物。後の空腹は炭酸水で誤魔化します。朝のシリアルの種類や夕食の野菜の種類は変わるともいますが、来年中に100kgを切るように頑張ります。
 亡くなった先生の指導には少しだけ反しますが、シリアルは摂取しようと思っています。これも糖質(炭水化物)ですが、以前全く糖質を摂らなくなったときに、常に頭がボーッとして全く働かず、まるで薬の禁断症状のように不安感と焦燥感に襲われて、鬱が酷くなった経験をしました。
脳の唯一のエネルギー源は糖質です。糖質を全く摂らないと、脳みそが正常に働かなくなる所か、退化していくらしいので、朝食時のシリアルかグラノーラだけは摂取します。と言っても牛乳を入れても300kalしかありませんので、そんなに影響は無いでしょう。成人男子が生命維持していくのに必要なカロリーは1550kcalです。これを下回ると脂肪や筋肉からエネルギーをとろうとして、分解が始まっていきます。余り摂取カロリーが低すぎると命に関わりますが、豚は一日1000kcalを目指してダイエットしていこうと思います。

久しぶりに熟睡予定です。

 今日は夕方から忙しかったのと、家族の何気ない一言が豚の心を深く深く傷つけたので、今夜は暫く抜いて飲んでいた処方された睡眠薬を全て服用して眠りにつきます。全てと言っても手持ちの睡眠薬全て尾言うわけでは無く、あくまでも一日の処方量としての薬です。手持ちの薬を全部飲んだら、吐き戻しさえしなければ100回くらいは死ねます。そちらはお守りに置いておいて、あくまでも処方量を守って服用するという事です。
 最近は処方量の薬を飲みきっても、眠くなるどころか返って目が覚めてしまうことがあったり、眠くなってもすぐに目が開いてしまい、数時間後に強烈な眠気が襲ってくることがあります。久しぶりに午後10時までには眠りにつきたいな……。