格好悪いとはこう言う事さ

飛ばない豚の格好悪い日常を書き綴る、豚の独り言。

TPMモジュール。

TPMモジュール。

 何故豚の使っているPCがWindows11に対応していないのかを調べてみました。
 どうやら「TPMモジュール」を搭載していない事が原因っぽいです。最近はCPUにこのジュールが内蔵されており、新しいCPUを使っていればUEFI上でONにしてやれば、それでOKの様です。しかし豚の使っている「GA-990FX-GAMING」には「TPMモジュール取り付け用コネクタ」が搭載されており、別途購入が必要なようです。
 早速Amazonで調べてみたら、「Gigabyte GC-TPM Trusted Platform Module」が売られていて、何と22,000円の価格がつけられています。どうやらつい最近になって急に高騰したらしく、ニンテンドースイッチやPS5と同様にWindows11需要を見込んでプレミア価格を付けているようです。勿論Amazonそのものでは無くて、ユーザーが販売している物ですが……。

 AsusやMSI用のTPMモジュールなら、まだ何とか7,000円位の値付けがされていますが、豚がTPMモジュールの事を知ったWEBサイトでは参考としてAsusの物が2,000円程度で売られているとの記載があったので、こちらもこれから高騰すると思われます。勿論マザーボードメーカーとは違う他社製のモジュールになるので、正常に動作する保証はどこにも無く、仕方なく諦めました。

 調べた結果ではこのTPM2.0に対応していない(モジュールを搭載していない)だけのためにWindows11が動作しないようで、他の条件は全てクリアしています。
 何と言うか、古いPCを一掃して新しいPCを導入させようとする利権絡みの感じがしますが、TPM自体はWindows10の動作要項にも設定されていて、今まで見逃してくれていただけと言う事のようですね。

 Windows10は後4年くらいはサポートを続けるそうなので、今から少しずつお金を貯めて新規にPCを買い直すか組み直すしか無いようです。
(ネットではこのチェックを飛ばして強制的にWindows11をインストールさせるプログラムが存在しているようですが、何が起こっても補償は無いので止めた方が無難かな……。)

 何だか悔しいですね……。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です