カッコワルイとはこういうことさ

飛ばない豚の格好悪い日常を書き綴る、豚の独り言。

WIN600……。

カッコワルイとはこういうことさ

飛ばない豚の格好悪い日常を書き綴る、豚の独り言。

WIN600……。

 ANBERNIC社のUMPC「WIN600」を入手しました。豚はハイスペックエミュレータマシンだと思っていたのですが、実際には立派なWindowsマシンで、OSもWindows10がインストールされています。
 お世話になっている方に伺ったところ、Steamでダウンロード出来る「レトロアーチ」をインストールすれば、従来のエミュレータ機の様にエミュレータを管理できるそうなのですが、正直なところ豚はレトロアーチのことは詳しくなく、今までのエミュ機も手探りで使っていたと言うのが実情です。

 ネットを探したら詳細に解説しているサイトもあると思うので、合間を見て検索してみようと思っています。
 それからTwitterで知り合った方が仰っていたのですが、WIN600はデフォルトのWindows10のまま使うより、Windows11にアップグレードした方が快適に動くとの事でした。
 豚の経験上、Surface5にWindows11をインストールしたら、全体的に重くなって動きがもっさりしたので、WIN600レベルのスペックのマシンにはWindows11は厳しいのではないかとと思うのですが、実際の所どうなんでしょう……。

 まぁ豚は当分Windows10のまま弄って、エミュレータ機として設定を終えたら、初めてWindows11へのアップグレードを考えたいと思います。

“WIN600……。” への1件のコメント

  1. ぱるすのアバター

    Retroarchに明るくないのでしたら
    WindowsのままですとHyperSpinやLaunchboxという
    ランチャーを使ってエミュ環境を統一する方法が一般的ですね
    うちはデスクトップ環境だとこれを使ってやってます
    感覚としてはEmulation Stationの高度版みたいなものだと
    思ってください

    日本では黒ですが海外ではROMとエミュ環境が一式設定済みのHDDが
    売ってまして、これをPCにつなげて指示通りソフトをインストールするだけで
    凶悪なエミュ機が完成するという(笑)
    ただROMは海外版が殆どなのでそこは使えませんね
    HyperSpin等はエミュレーターは基本インストール不要の物を使っているので
    ランチャーとかコントローラー周りのソフトをインストールするくらいです
    このコントローラー用のソフトを間にかましてエミュレーター間の
    差を埋めている感じです

    本来は全部自分で設定するものなので面倒ですが
    この辺りは日本人の人も動画で上げてたりもするので
    それに観れば大体イケると思います

    ハイスペックエミュ機として使うならとりあえずMicroSDにBATOCERA
    焼いてみてください、多分これでいいかなと思ってしまうかもw

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Copyright © 2022 Site proudly powered by WordPress