格好悪いとはこう言う事さ

飛ばない豚の格好悪い日常を書き綴る、豚の独り言。

カテゴリー: レトロゲーム

RGB10-MAXを購入しました。

 5インチIPS液晶を搭載した中華エミュ機、「RGB10-MAX」が今日届きました。Amazonで注文してから約一週間、やっと一昨日に発送通知が来て、航空便で到着しました。 EMUELEC4.0から64ビットに対応したらしいですが、豚の購入した「RGB10-MAX」にはEMUELEC4.1-TESTが最初から搭載されていました。TESTバージョンは落ち着かないので、メーカーが公開しているEMUELEC4.0を入れようと格闘中です。  今日は朝から弟の入浴介助の時以外は、ずっとエミュ機を弄っています。しんどい

RG351Vを購入。

 中華エミュ機のRG351Vをメルカリで購入しました。RG351Vは従来のエミュ機とは違い、4:3のIPS液晶を搭載しているので、ファミコンやスーファミなどのゲームで遊ぶときには、変に横伸びしたり黒い帯が入ったりすること無く、フル画面で映すことが出来ます。 性能的には先に購入したRG351Mと同じ様な感じです。 ただ、このRG351Vには2つのTFスロットが有り、一つにOS。もう一つにゲームのデータが入るようになっているのですが、実は結構ややこしい仕組みを採用していて、初期状態のままスロット2のSDカードを

All about ナムコⅡを予約した。

 前巻のALL ABOUT namcoⅠに引き続いての第Ⅱ巻です。豚は発売当時に2冊とも購入していて、主にドット絵をキャラクタエディタに打ち込んで、PC-8801mkⅡSR(学校にあった奴)で表示したり動かしたりして遊んで居ました。攻略本としては余り使用しなくて、主に資料として読んでいた感じです。 しかし今から22年前、実家から新築した新居へと引っ越し時に、殆どの書籍を処分してしまいました。今となっては入手不可能な貴重な資料も沢山ありましたが、当時は「もう使う事も無いだろう」と思って町内会の古紙回収に出して

ゲームの保管方法。

 豚が欲しくて購入したゲームは全部併せても100本は行かないと思うんですが、福袋などで無作為に購入したゲームは軽く1,000本は超えています。 今は送られてきた段ボールや100均でプレンティーボックスを購入してきて、いっぱいにゲームを詰めて積み上げているのですが、物が段ボールだけに徐々に変形してしてきて、崩れそうになっている物も有ります。 衣装ケースなどを購入して詰め替えて積み上げれば良いのでしょうけど、いかんせん値が張ります。プラスチック製の物で軽く3,000円は超えるので、数を揃える事は出来ません。 何

やっぱりエミュ環境を……。

 ドラクエもどきを作成するに当たって、今まではキャラクタのドット絵を見るためにレトロフリークとUSBのHDMIキャプチャを繋いで、レトロフリークの画面をOBSでデスクトップに表示させていました。 しかし遅延が酷くて、ゲームパッドからの入力が画面に反映されるまで一呼吸遅れるので、操作がしづらくストレスが溜まっていました。  結局Windows用のファミコンエミュをPCにインストールし、PC上で全て完結するように環境を変えました。それは良いのですが、レトロフリークのようにチートコードを当てようと思ったら、ちょっ

RG351M、壊した……。

 届いたばかりのRG351MのSDカードのバックアップをとろうとして、間違えて書き込んでしまい、一度も起動させる事無くSDを壊してしまいました。 メーカーのファーム配布サイトも分からず、ArkOSなどを入れてみるもよく分からずで、結局「351ELEC」を入れました。やっぱりOSとデータを1枚のSDに入れるのは慣れて居らず、パーティションを切るのも一苦労。 何とか動くようになり、ゲームも動作するようになったのですが、使い方が分からないのは相変わらずで、ディスクの入れ替えなどはどうすれば良いんだろうと悩んでいる

RG351Mが届いた。

 中華エミュレータ機のRG351Mが届きました。この機種はRG350Mの後継機に当たるもので、CPU(SoC)の高速化やWiFiの搭載などの機能強化されたマシンです。まだ弄っていないので、具体的にどこがパワーアップされたのかは分かりませんが。 ただ、RG350Mでは解像度が高解像度になっていましたが、RG351Mでは他のRGシリーズと同じ解像度に落とされています。従って文字潰れが発生するゲームもあるようです。 全体的に高速化されているので、PSPのソフトも結構快適に動くようです。とあるサイトではRG351P

GPD XD PLUSを弄ってみた。

 8月28日に届いていた「GPD XD PLUS」を弄ってみました。先ずは無水エタノールで消毒をしました。メルカリで買った中古だったので、傷や汚れが有るかなと思っていましたが、予想に反して全くの新品同様のピカピカでした。前の所有者がアメリカの人だったので、もっとアバウトに使用されているのかなと思っていましたが、神経質な方だったようですね。発送の仕方はアバウト且つダイナミックでしたが……。  このマシンはGoogle Play Storeがインストールされているので、各種エミュレータをインストールするのがかな

結局完徹。

 Powkiddy X15ですが、結局完徹して設定やエミュレーターを弄っていました。RG350Mでは難しかったニンテンドー64のソフトも無事に動作。ネットの情報によるとDSのソフトも快適に動くとのことですが、実験用のROMファイルでは認識してくれず今の所は動作は確認できていません。 DSのソフトは駿河屋の福袋で大量に所有していますが、ダンパーを持っていないので吸い出すことが出来ません。ドリームキャストもサターンも動くそうですが、まだ実験はしていません。  寝なきゃいけないけど、頭がはっきりしているので眠れま

ようやく使い方が分かってきました。

 Powkiddy X15ですが、中華エミュレータ機らしくペラッペラのマニュアルに中国語と英語で本当に簡単な説明があるだけで、使い方に関しては「自分で研究して使え」と言わんばかりの状態でした。 今朝届いてから今(午前2時半)までずっとPowkiddy X15にかかりっきりになって、検索して情報を読み漁ってやっと使い方が分かってきました。 デフォルトの状態では本体内の32GBメモリにROMを転送してやらないと、エミュレータで遊べないことが判明。レトロアーチを入れるとmicroSDXCカード内のROMにアクセス