結局入手しました。

こちらは当時も入手出来なかった書籍です。

 先日は「ソフトウェアを知る」をオクで入手しましたが、今回は「ハードウェアを知る」も入手してしまいました。
 落札価格は直前まで3,000円台だったのが、残り一分になって入札が相次ぎ一気に16,000円にまで跳ね上がりました。
 諦めようかと思っていましたが、ここで逃せば恐らく生涯出会う事は無いだろうと思ったので、結局競ってしまい最高値で落札。定価で言うと「ソフトウェアを知る」と「ハードウェアを知る」の合わせて二冊で4,000円位なのに、その約10倍の価格で購入しました。

 恐らく今夜にも到着すると思いますが、「入手してそれで満足」にならないように、大事に読んでいきたいと思います。
 一応滅多に行かない寝室には、先日入手したPC-8801mkⅡSRとPC-8801FA、PC-8801MA2の3台がすぐに使える環境で設置してあります。
 これで豚が知っているPC-8801mkⅡSR関係の全ての技術書が入手出来たので、後は古のスキルを蘇らせてコードを書くだけです。しかし実際の所は弟の介護に加え、成年後見人の補助として資料作成をしたりと中々自由になる時間が取れません。大体毎晩11時頃~翌朝9時頃までは、いつ実家に呼び出されても良いように自宅で待機中だし、作業を度々中断するのは今の豚では集中力が続かないので、実際にPC-8801mkⅡSRでコードを書く迄には至らないかも知れません。

 他にも読みたい本や積みゲー等も大量に有るし、小中学生の時みたいな「夏休みの予定表」みたいな物を作らないと、手が回りません。いや、作っても突然鬱の波に呑まれたりで、思考停止状態になったりで、難しいかも知れません。

 PC-8801mkⅡSRにはZ80(実際には互換CPU)が搭載されていますので、何か作ろうとするとZ80アセンブラの知識が必要となります。
 豚は30年ほど前にはZ80と8086アセンブラを教えていたので、知識は染みついているのですが、それでもニーモニックはかなり忘れています。
 それにZ80には除算命令が無いので、自分で一から書いてやる必要があります。これがなかなかの曲者で、普通に減算していって余りを出すだけでは正確性に欠け、とてもじゃないけどゲームなどの制作は出来ません。一度数字をバイナリに変換して、二進数の世界で計算させる必要があります。高校時代、このルーチンを書くのに非常に苦労しました。豚が未だに関数電卓を手放せない理由の一つです。
 8086で除算命令が有る事を知った時、どれだけ感動した事か……。それ位手間な事なんです。

 この度はPC-8801mkⅡSR関連の資料をかなり入手しましたが、未だに梱包を解かずに積んであります。プログラミングはボケ防止にもってこいだと思うので、余生にコツコツとコードを書いて楽しもうと思っていました。でも、今回使ったお金の合計はかなりの物で、すぐにでも触らないと勿体ないと思ってしまいました。
 何分レトロPCなので、いつ動かなくなるのか分かりませんが(一応完全修理マニュアルは入手してあるので、部品さえ有れば何とかなりそうですが)、その時を迎えるまで大事に弄り倒してやろうと思います。

 豚にとってZ80でコードを書いていた頃が、今までの人生の中で一番幸せで輝いていた時代です。今は面影もありませんが、当時を懐かしみつつPC-8801mkⅡSRやその後継機に触って行けたらなと、今は考えています。

 それにしても、ゲームにしてもPCにしても、レトロを弄るのは高く付きますね。年金暮らしの豚なんかが踏み込んではいけない世界のように思います。

今更ながら……。

 新型コロナの抗原検査キットを購入しました。簡易検査らしいので、あくまでも感染の目安にしかならないようですが、購入出来る時に買っておこうと二つほど購入しました。
 最近のコロナ患者数は跳ね上がっていて、大阪では毎日20,000人以上の新規感染者が出ています。それに伴って近所の調剤薬局やドラッグストアで取り扱っていた抗原検査キットは、瞬く間に売り切れ。入荷の予定は不明という、一時のマスク騒動みたいな感じになっています。
 仕方が無いので、通販で抗原検査キットを注文しました。はっきり言って通販でこの手のものを買うのはリスクが大きいのですが、まぁ目安くらいにはなるだろうと割り切りました。

 実の所、昨日の朝から倦怠感が凄くて、夕方には37度の微熱が出た事もあって、不安になって居たと言う事もあります。まさかコロナには罹っていないだろうと思いますが、身近で友人もコロナに感染して自宅療養しているので、対岸の火事では無いなと思います。
 国が検査キットを配布するという話も聞きましたが、いつになるのやら全く目処が付かない事も購入理由です。
 豚は腰痛と関節痛の緩和のためにロキソニンを毎食後処方されているのですが、その状態で37度ですから、実際はもう少し高い熱が有ったのだと思います。
 幸い、倦怠感は今日になって無くなりましたが、やはり心配です。

 今後も感染対策の基本、手洗いと小まめな手指の消毒を怠らないようにして、何とか自宅にコロナを持ち込まない様に頑張りたいと思います。

リバウンド。

 折角、体重が120Kg台に突入したかと思っていたのに、今日計測してみると135kgに見事に戻っていました。食事量を相当抑えて、油物を出来るだけ摂らず、炭酸水で空腹を紛らわせていたのに、何が原因でリバウンドしたんだろう……。
 介護の関係や諸事情で外出は早朝にコンビニに行くのと、午後から最寄りのスーパーへ買い物に行く以外は、ずっと家の中に居るのが悪いのか……?

 そう言えば暫く止めていたジャイアントコーンを、再び食べるようになったのが悪いのかなぁ。結構カロリーが有るし、食べない時は全く食べないけど、買いだめしている時は有るだけ食べてしまうからなぁ……。

 もう今更この歳になって女性にもてようとは思いませんが、女性の友人曰く「ハゲは仕方が無いけど、デブは自己管理が出来ていないから嫌い。」と言っていました。学生時代の話ですけど……。
 豚の場合は、太りだしたきっかけは抗鬱剤の食欲亢進作用。アモキサンと言うやる気を出してくれる薬なのですが、食欲増大と言う効果があり、豚が100kgを超えた時点で主治医が処方にストップを掛けました。「太るにしても体重の増え方が異常」という理由でした。

 一般的に鬱病患者と言えば「色白でガリガリで……」というイメージを抱かれるそうですが、精神科に通院していると極端に二極化しているのがはっきりと分かります。
 痩せ細ってヒョロヒョロの人と、豚のようにスーパーデブの人にです。どうせ鬱病に罹患するなら、痩せ細る方になりたかったなぁ……。

結局自分が買いました……。

超プレミア価格の古書

「PC-8801mkⅡSRテクニカルマップⅠ ソフトウェアを知る」ですが、結局我慢できずに自分で落札してしまいました。
 27,500円(定価は2,500円)というべらぼうな値段でしたが、これを逃したらもう二度とお目にかかれないかも知れないと言う強迫観念に苛まれて、思い切って落札する事に。流石に書籍一冊にこの金額を払う人は居ないようで、出品価格のまま落札できました。
 我ながら愚かだとは思うのですが、高校生時代に散々探し回ってやっとの思いで入手した経験のある書籍なので、思い入れもかなり有ります。この書籍も業界を離れる時に処分してしまいました。
 今思えば当時所有していた技術書類を今売りに出せば、かなりの金額になったと思います。

 更にこの書籍の次巻である「ハードウェアを知る」も、前回出品されていたのと別の人が約半額で出品しているので、早速入札しておきました。半額と言っても11,000円と言う価格です。これをもし入手出来れば、PC-8801mkⅡSRの技術資料はほぼ網羅出来るので、後は自分のスキル次第でやりたい事は出来るようになると思います。

 ジャンクで購入したPC-8801mkⅡSRも昨夜届いたので、早速今日、セッティングをして動作確認をしてみました。DISK BASICも無事に動作し、ROOT88(日高徹氏作のスーパーアセンブラ)も無事動作。ただ本体はかなり汚れているので、時間がある時に無水エタノールで清掃してやろうと思っています。(同時期に落札したPC-8801mkⅡFRはピカピカに清掃されていました。)
 ただ内蔵バッテリーが死んでいるのか、それとも電源をかなり長時間入れていないせいなのか分かりませんが、カレンダーと時刻は狂っていました。BASICのDATE$とTIME$で設定出来たんだと思うのですが、もうBASICなんて数十年触っていないのですっかり忘れてしまっています。
 遙か以前に購入したPC-8801mkⅡSRのリファレンスを見て、勉強し直さねばならないなと思いますが……、あれもこれもやらなくてはいけない事が有るので、中々時間が取れません。
 鬱の波に襲われて、ボーッと座って居る事しか出来ない時間を有効利用できたら、どうにかなるんだけどなぁ……。

双極性?

 昨日は軽い躁状態で、PC-8801mkⅡSRとPC-8801mkⅡFR、それにスマホ(Google Pixcel6a)を購入してしまったりしていましたが、そんな躁状態の後は必ず鬱状態がやってきて、全く何も出来なくなってしまいます。
 今日がその鬱状態です。気が重く溜息しか出ない。何も手に付かない。今日は買い出しに行った以外はずっとPCの前に座って居るのに、全く何も出来ないでいます。動画すら見る気がしないと言う状態です。

 新しいスマホが今夜には到着するのですが、昨日までは楽しみだったのが、今日は設定が面倒くさいし環境を構築するのもしんどいなぁと言う思いしか出てきません。
 この潮の満ち引きにも似た鬱の波の満ち引きが無くならなければ、豚の症状は全く前進しません。鬱に罹患して今年で26年になりますが、まだ罹患した当初の方が元気がありました。

 主治医にも一度言われたのですが、「只の鬱病ではなくて、双極性障害かも知れないなぁ」と言うのは当たっているかと思います。
 躁状態のときは兎に角気分が大きくなり、お金を沢山使ってしまいます。後で痛い目に遭うのは分かっているのに、です。
 鬱状態のときは逆に後悔ばかりが先に立ち、落ち込みが余計に酷くなります。
 豚の経験から言うと躁状態のときは、以前に処方されていた「リタリン」を服用している時と同じ様な感覚になりますね。

 この鬱の波、どうにかならないでしょうか……。

ジャンクで入手。

 段々中古市場からも消えようとしているのか、PC-8801mkⅡSRは結構な高値で取引されています。ザッとオークションを見回しても、正常動作品は一つも無く、全てがジャンク品での出品で最低価格が10,520円からでした。勿論、キーボードも電源ケーブルも無く、本体のみでの出品です。

 その中から、最低価格の10,520円のジャンクのPC-8801mkⅡSRを購入しました。オークション形式では無く即決価格のみでしたので、この際思い切って購入に踏み切りました。

今回購入したPC-8801mkⅡSR model30

 今までもジャンク品で散々痛い目に遭ってきているので、今回も素直に動作するかは分かりません。先方の話では「モニタもソフトも無いので、電源が入る事のみ確認した。」との事。
 これで動かなかったら、後はゆっくり探していく事にします。

 また、偶然にも探し求めていた幻の書籍も出品されていました。秀和システムトレーディングの「PC-8801mkⅡSR ソフトウェアを知る」という書籍で、価格は25,000円……。
 喉から手が出るほど欲しい書籍ですが、流石にこれは購入出来ません。高校生の当時もこの書籍を探し回って、大阪から東京の神田神保町の古本屋街にまで探しに行った事も有る書籍ですが、結局最後は日本橋の今は無きニノミヤ無線で新品を処分価格で購入しました。
 PC-8801mkⅡSRでプログラムを書くための必要な情報がほぼ全て網羅されており、とても貴重な書籍です。でも豚がPC-8801FHを手放した時に、一緒に処分してしまいました。あれから35年、今頃になってまた必要になるとは……。
 また、同時に「ハードウェアを知る」もオクで出ていましたが、こちらは27,500円……。
 二冊合わせて5万円越えと言う昨夜購入したスマートフォンに匹敵する高値でした。でも貴重な資料なので、購入する人は居るんだろうな……。

 まぁこれらの書籍もゆっくり気長に、フリマや古書店を中心に探して行こうと思います。

PC-8801mkⅡ FR

今回落札したPC-8801mkⅡFR

 先日からPC-8801関連の資料をかき集めていましたが、今回は本体をヤフオクにて落札しました。
 送料着払いで18,000円。豚は本体よりもキーボードを狙っていました。先日までキーボード単体で19,800円でオクに出品されていて、ずっと悩んでいましたが、いつの間にか誰かに落札されてしまいました。
 豚が狙っている本体は、PC-8801mkⅡSRです。本体のみはよくオクで見かけるのですが、キーボード付きは滅多に見かける事が無く、たまに出品されていてもべらぼうに高価な価格設定がされています。

 今回落札したPC-8801mkⅡFRはmodel30ですがFDD2が故障していて読み込めないという事で、model20相当になっています。
 豚の自宅には既にVRAMの死んだFRが有りますので、FDDを移植してニコイチで完全体に出来ると思います。マニュアル類やシステムディスク類も既に手元にあります。

 現在はすぐに使える状態で、二階の寝室にPC-8801MAがセッティングしてあります。モニタは変換を噛ませて液晶モニタに繋いでいます。
 二階にはもう一台PC-8801MA2も有りますが、これは内蔵スピーカの具合が悪く常にノイズを吐き出すので、外部スピーカーを繋いで置いてあります。
 更に今現在豚が寝泊まりしているキッチン&リビングにはPC-8801FAも完全動作品で、ペットボトルの山に埋もれています。
 でもやはり高校時代に初めて本格的にプログラミングを学んだのは、PC-8801mkⅡSRなので、どうしても揃えたいと思っています。

 このPC-8801mkⅡSRで、Z-80アセンブラやゲーム作成、独自DOSの作成やCP/M80上でのC言語の触りまで教わりました。
 謂わば豚のプログラミング人生の原点とも言えるマシンです。

 先の記事に書きましたが、今月はスマートフォンを買ったり専門書籍(一冊10,000円以上)を数冊買ったり、今回のPC-8801mkⅡFRを買ったりで、もう年金は吹っ飛んでしまっているので来月の15日迄は何も買えない生活になりますが、今のうちに状態の良いPC-8801mkⅡSRの出物をオクやフリマアプリで探しておこうと思います。

 いつまでも過去の栄光に縋って生きるのはみっともないですが、人生で一番輝いていた時代のアイテムなので、何としてもPC-8801mkⅡSRは入手します。

 尚、アセンブラなどの開発環境は既に整えています。後は豚がZ-80のニーモニックを思い出すだけ……。

5Gデビュー。

 初めて5G対応のスマートフォンを購入しました。と言っても高価な物は買えないので、安価な「Google Pixel6a」を少し悩んだけど、購入してみました。
 今までAndroidのスマートフォンは何台か購入していますが、Google純正品は初めてです。
 正直、同じ様な価格帯でもっと高性能な端末もあったのですが、Pixel6が評判良かったので、その廉価版の6aもそんなに悪いものでは無いだろうと……。

 この端末は昨日発売されたばかりで、豚もGoogleの公式サイトから購入しました。色は既にグリーンは売り切れており、いつものブラックをチョイスしました。
 この端末は予備回線に使う予定なので、予備回線で契約している格安SIMを5Gにアップグレードしようと思っています。

 基本性能には全く文句は無いのですが、メモリが128GBでMicroSDが使えないと言うのが少し気になりました。まぁ今メイン回線で使っているiPhone Xは256GB搭載していますが、殆どメモリを使う事無く余しているので、気にはならないかな。
 豚は小まめに写真を撮ったり動画を撮ったりしないので、せいぜいゲームアプリを入れる程度です。おサイフケータイに対応しているのが有り難いですね。

 今月末には到着予定なので、届いたら色々と弄ってみようと思います。その前にマイネオがPixel6aに対応しているかどうかが問題ですが……。昨日発売されたばかりで今日時点では勿論対応確認は取れていませんが……。

折角自由時間を確保できたのに……。

 今朝からどうにもこうにも頭が働いてくれず、体も重くてダルいし全く何も手に付かず。
 こんな時に限って、鬱の大波に吞まれるんだから嫌になってきた。

 本当に今日は大変だ。何だか疲れてきた……。

やりたいことが出来ない……。

 先の記事にも書きましたが、最近、豚は忙しくて自分の趣味などやりたい事に時間を割けずにいます。
 折角買ったレトロゲームのエミュレータ機に、CFWと言う世界の有志が作成したカスタムファームをインストールする事さえ出来ていません。
「RG503」と言うマシンに「ArkOS」という名の物があるのですが、どうやらこのArkOSは使うMicroSDカードのメーカーを、結構限定的に指定されている模様です。その為に指定メーカーのSDカードカードを数枚購入し、ArkOS本体も入手してあるのですが、そこから先の作業をする時間がありません。
 またこのブログで知り合った方に、折角エミュ機を安価で販売して頂いたのに、まだ一度も電源を入れる事無く箱に入れたまま積んでいます。これも早く触りたいのですが、時間が無く未だ触れていません。
 ゲームも黎の軌跡やSteam版のドラクエⅪS、Switchの「春ゆきてレトロチカ」等も触れていません。軌跡シリーズをここまで放置した事はありません。もう途中までの話も忘れてしまいました。9月には黎の軌跡Ⅱが発売されるし、積みゲーはどんどん増えていきます。

 プログラミングも最近は全くコードを書いていません。キャラクタエディタとマップエディタを作成した状態で、放置。マルチウィンドウのクラスを書こうとしている途中でコードを触る時間が無くなってしまいました。
 Pythonの勉強もしなくてはいけないし、C/C++もまだまだスキルアップの必要があります。それにこの度エクセルやワードと言ったオフィスを触る事になったので、VBAやマクロなどでコードを書く必要も出てきそうです。リファレンス的な書籍は購入してありますが、それらを活かせるにはスキルアアップが必須です。昔プログラマ時代にAccessでDBを書いていた事があるのですが、その時はよく分からなくて殆どVBAで機能を実装してしまった事があります。本来の機能やマクロなどを使えばもっと簡単に完成しそうだったのですが、コードを書く方が性に合っているらしくて、ついそうなってしまいました。(この時開発したDBは、納品先でカスタマイズしようとしたけど自由に出来なかったようで、一年経たずに使われなくなったそうです……。大失敗作ですね。)
 なのでVBAとSQLで直接DBを叩いていた事になります。リレーションシップやクエリーもSQLで直接記述していたので、未だにAccessをアプリとして使う事は苦手です。

 やりたい事は沢山ありますが、仕事をしていない豚でさえこんな有様ですから、立派に職業を持たれている社会人がスキルアップのために時間を割くのは、並大抵の努力では出来ないなと思ってしまいます。
 まぁ、出来る事からボチボチやろう……と思います。